Internet Explorerを起動すると「Sweet Page」が表示される問題を解決


以前紹介したように、Parallelsという仮想化ソフトを使ってMacでWindows 8 Pro(すでに8.1へアップデート済み)を使っているのですが、最近ある問題に悩まされています。

それは「Internet Explorerを起動すると必ずSweet Pageという怪しげなページが表示される」というもの。

実際のページ。みるからに怪しい・・・。


さすがに放置しておくのも気持ち悪いので、試行錯誤のうえ解決させることに成功しました。その方法を紹介します。

まず初めに、誰もが陥りそうな問題として「ホームページの設定で任意の、GoogleなりYahooなりにすれば起動時にこれらが表示されるはず」という思い込み。


実際にノラも最初はそう思って、上記画像のようにホームページをGoogleに設定、スタートアップは「ホームページから開始する」にチェックを入れているのに、起動時はまたもやSweet Page・・・。ここまでくるとウザ過ぎです。なんなんだよおまえはって言いたくなる(苦笑)

上記のようにホームページ設定をしても、起動時に必ずSweet Pageが表示される理由は、Sweet Pageがショートカットに寄生しているからだそう。


というわけで、ノラはSweet Pageというプログラム自体をPCからアンインストールすることにしました。
※下記手順はWindows 8.1の場合を想定していますが、Windows XPやVista、7も似たような方法でいけます。すぐわかると思いますが、わからない場合は「お問い合わせ」から質問して下さい。

まず、デスクトップからWindowsアイコン(窓アイコン)を右クリック → 「コントロールパネル」をクリックします。

画像左下にWindowsアイコンはある

コントロールパネルをクリック


コントロールパネルを開いたら、次に「プログラムのアンインストール」をクリックします。

プログラムの項目のプログラムのアンインストールをクリック



問題のプログラム「sweet-page uninstaller」をクリックしてアンインストールを選択します。


英語でShoet Cut(だったかな?)と書かれている横マスにチェックをいれてuninstallをクリックすれば削除されます。


以上の方法でSweet Pageは表示されなくなりました。

※もし上記の方法を行っても表示される場合は、Internet Explorerを起動 → 右上の設定アイコンをクリック → インターネットオプションの「詳細設定」タブのリセットを試して下さい。





いじょ、Sweet Pageが表示される問題の解決方法でした。

このSweet Pageが表示される原因ですが、どうやら何らかのフリーソフトをインストールすることにより、ショートカットにSweet Pageが寄生することになる、というのが有力な原因らしい。

とはいえ、数多くのフリーソフトはWindows OSを使う大きな利点ですからね・・・まぁいざとなったら今回の方法で削除すればOKですよ^^
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です