4月の消費税増税前にSIMフリー iPhone 5sを購入するべきなのか検討中


以前こちらのエントリーで報告しましたが、SIMフリー iPhone 5 16GBを紛失してしまってからというもの、先月購入したau版 iPhone 5cを使ってきました。

先月購入したiPhone 5c 青りんごカラー。



もちろんiPhone 5と比べても満足のいく製品だったのですが、ちょこっと不満な点がちらほらと・・・。

【iPhone 5cのここが不満】
1.iPhone 5sに比べてアクセサリーが少ない!

2.SIMフリー版じゃないからMVNOで格安運用が出来ない!

3.ぴっ、しゅわー・・・ができない ←


まず1.について。ほんっとこれ問題です。iPhoneといえば数え切れないほどのサードパーティー製アクセサリーがありますが、iPhone 5cは5sと比べてその不人気さからか、ケース1つとっても種類が少ないんですよね・・・。

もちろんAndroidに比べれば多いかもしれませんが、iPhoneを使っているはずなのにケースを探し回っている自分に何か釈然としない・・・。


2.について。まぁこれはau版を買わずに、AppleオンラインストアからSIMフリー版を購入すればよかったというだけですが、SIMフリー版じゃないとやっぱり料金が高くて・・・。

パケット定額に毎月5,000円ってバカらしくなりません?少なくとも別途通信手段を持っている人は「なんでパケ代って5,000円もすんの?」 って思ったことがあると思います。やっぱり一月5,000円は大きいですからね・・・。

これがMVNOだと自分の利用用途によっては一月1,000円でお釣りがきます。これだけで毎月4,000円の節約です。
特に僕のようにWiMAXを使っている人なんかはぶっちゃけ一月500円のSIMでも十分ですし、月2GBも使わないからせめて半額になりませんか?田中しゃちょー。


3.について。何云ってんの?頭だいじょぶ?って思った人、すみません。これはあれです、iPhone 5sから搭載されたTouch ID(指紋認証)を使って画面ロック解除をやりたいってことです。

iPhone 5cではTouch IDは搭載されていないため、この機能は全面的に使えません。


いじょ、iPhone 5cの不満点です。初めから分かっていたことですが、やっぱり使ってみてしばらくして実感することでもあるのです。

というわけで、こうなったら公式から日本版SIMフリー iPhone 5s (ゴールド) を購入しようかと悩んでおります。

実は上記以外にも悩む理由がありまして・・・そうです、4月から消費税の増税が行われるからです。

つまり今後、たとえばiPhone 6(仮)のSIMフリーが公式で販売されるとしても、おそらく消費税が増税すると現状のSIMフリー iPhone 5sよりも価格は上昇すると思うわけです。だったら今のうちにiPhone 5sを買っとくか?みたいな。


ちなみに現在のSIMフリー iPhone 5sの価格は下の画像のとおり。



これによると、16GBの価格71,800円の内消費税が3,419円なので、16GBモデルの税抜き価格は68,341円。

4月からは消費税が現状の5% → 8%になるので、おそらく4月以降は16GBモデルの税込み価格は73,810円(四捨五入してます)になると予想されます。約2,000円の値上げですね。

こうやってみると大したことないじゃんって思われる人もいると思いますが、税金だけで2,000円の値上げですよ?塵も積もれば山となるんですよ?


なんて考えて3月までにSIMフリー iPhone 5sを購入しちゃおうかなー、なんて考えてます。ただこうやって見ると高いんですよ!スマホ高い!

ドコモのAndoroidなんかも7万、8万がザラで9万なんてのもありますが、こんだけ出したらMacBook Airが買えますからね(苦笑

うーん・・・もう少し悩む時間が必要みたいです。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です