Androidタブレット 「MeMo Pad HD 7」 で自炊した本を読むアプリは?その3.ソニーの電子書籍 Reader


第3回目、今回紹介するアプリは 「ソニーの電子書籍 Reader」




ニーの電子書籍 Reader は本来ソニーの電子書籍ストア 「Reader Store」 で購入した電子書籍を読むためのアプリ。

ただ、この間紹介したPerfect Viewerと違ってデフォルトでPDFファイルの閲覧に対応しているため、今回のように自炊本のPDFファイルを閲覧することも出来る。


自炊本のPDFファイルを開く方法は、第1回で紹介した方法が簡単。詳しくは第1回の過去記事を参照してください。

無事表示できました


注意点としては、Readerアプリは初期設定ではページ方向が左開きになっている点。

ご存知のとおり、コミック類は右開きのためこのままだと違和感が残る。よって右開きに変更する作業をした方がいいと思います。


画面中央をタップすると、下の画像のように、上下にアイコンやバーが表示されます。

表示されたら上の左から2番目本の上にスパナが描かれたアイコンをタップします。





すると画像のように「画面の明るさ」、「ページ送りの効果」といった設定画面が表示されるので、下にスワイプして「ページ方向」の項目をタップ、「右開き」へ変更します。これで紙の書籍と同じ感覚でページめくりができます。






ソニーの電子書籍 Reader を使ってみた感想ですが、まずページめくりアニメーションが搭載されている点は個人的にポイント高いです。

何故かこれがあるだけで、紙の書籍を読んでいるかのような気持ちになれるので好きです。


こんな感じで紙の書籍を読んでいる感覚に近い読書体験ができる



あとは自炊本リーダー(仮)のように、途中のページが読み込めず、話の内容が理解できないという問題も起きませんでした


また、Perfect Viewerのように自動的に拡大表示されてページの一部が見切れて読めないといったこともありません。素晴らしい。

きちんと等倍表示できてます



逆に問題点というか、ちょっと気になる点は、ページをめくったときに表示されるまでにわずかにタイムラグが起きる場合がある点

この点は自炊本リーダー(仮)が優秀だったと思います。自炊本リーダー(仮)はページおくりにタイムラグが起きることは30ページ読んでいる間1度も起きませんでした。

ちなみに、ページめくりアニメーションを切って、自炊本リーダー(仮)と同じスライド表示にしても、Readerアプリの場合はタイムラグが起きる場合がありました。

ただ、タイムラグといってもほんっのわずかな時間なので、問題なく読書は楽しめます。かなーり神経質な人だと気になる人もいる…のかなぁ?僕は特に気になりませんでした。


いじょ。今回試したアプリ 「ソニーの電子書籍 Reader」 が今のところ暫定1位といったところでしょうか。表示の問題が起きることなく読書に没頭できたのはこれだけですしね…。

次回はAmazonのKindleアプリで自炊本を読んでみようと思います。


今回試したアプリ 「ソニーの電子書籍 Reader」 のダウンロードはこちら↓

ソニーの電子書籍 Reader™
Sony Corporation
価格:0  平均評価:3.7(1,074 件)


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です