書籍を電子化(自炊)してみた 手順.スキャンする


スキャンしたい書籍のバラしが終わったらいよいよスキャンです。


使用するスキャナは富士通のScanSnap 1300i。

FUJITSU ScanSnap S1300i FI-S1300AFUJITSU ScanSnap S1300i FI-S1300A

富士通 2012-05-25
売り上げランキング : 1199

Amazonで詳しく見る by G-Tools



では手順を1から順に説明していきたいと思います。なお使用環境はWindowsになります。
※もちろんScanSnap 1300iはMacも対応しています。


手順1.付属品の 「Setup DVD-ROM」 をPCのドライブにセット、ソフトウェアのインストールを行います。


インストールするソフトウェアは、
・ScanSnap Manager (スキャナ ドライバ)
・ScanSnap Organizer (ファイル管理アプリケーション)
・名刺ファイリング OCR (名刺管理アプリケーション)
・ABBYY FineReader for ScanSnap (文字認識処理アプリケーション)

※上記ソフトウェアインストール後に、ユーザー登録を行うか否かを選択できるので一応ユーザー登録を行うことをオススメします。

※インストールしたソフトウェアにアップデートがないか、チェックしておきましょう。「スタート」→「すべてのプログラム」→「各ソフトウェアの名称」→「オンラインアップデート」の順にクリック。



手順2.ScanSnap 1300i をPCに接続し、ScanSnap Managerの設定をします。

「アプリ選択」→「ScanSnap Organizer」


「読み取りモード」では「画質の選択」でスーパーファイン、「カラーモードの選択」でカラー自動判別、「読み取り面の選択」で両面読み取り、あとは「継続読み取りを有効」にチェック。



「オプション」は、「文字をくっきり」、「白紙ページを自動的に削除」、「文字列の傾きを自動的に補正」、「原稿の向きを自動的に補正」にチェック。


ファイル形式はPDF




手順3.読み取り (スキャン) する書籍を10枚綴りに分けます。一応ScanSnap 1300i では20枚ずつでもスキャン可能なようですが、枚数が増えると紙詰まりを起こす可能性が高くなるので10枚ずつくらいが良さそうです。

先日バラしたコミック「明日のよいち!」。最後の束は枚数の関係上15枚になってます。




手順4.一束ずつスキャンしていきます。

ここで注意すべきなのはスキャナにセットする向き。




画像のように1ページ目を1番上に持ってくると…


※画像で原稿の向きが誤って補正されていますが、これについては別途解決方法を記事にしましたのでこちらをご覧下さい。


画像のように、PDFの1ページ目に書籍の最後尾のページが、20ページ目に書籍の1ページ目がきてしまいます。

よくよく考えれば当たり前のことですが、スキャンしていくのは下からなので、1番下に1ページ目がくるように、1番上に最後尾のページがくるようにスキャナにはセットします。




画像のようにセットすれば



スキャンが終わってPDFファイルになったとき、PDFの1ページ目が書籍の1ページ目となります。



手順5.どんどんスキャンしていきましょう。

スキャン後、表示されている枚数が、自分がセットした枚数(今回の場合10枚)とあっているか確認すること。

もしこの表示がセットした枚数に満たなければ、誤ってページが重なったままスキャンされている=スキャン漏れがあるということなので要注意です。



手順6.読み取り終了をクリックすると、スキャンされて作成されたPDFファイルが画像のようにScanSnap Organizerにて表示されます。




手順7.検索可能なPDFに変換します

上記作成されたPDFは空き時間などに自動的に検索可能なPDFに変換されますが、手動でいっきに変換することも可能です。

方法は、変換したいPDFを選択 (「操作」から全て選択をすることもできます) し、「検索可能なPDFに変換」→「選択中のPDFを変換」をクリックすればOKです。



いじょ。これでスキャン作業は一通り終了です。ただし、このままだと1冊の本が複数のPDFファイルに分かれている状態なのでPDFの結合という作業が必要です。

PDFの結合についてはConcat PDFというフリーソフトが簡単みたい。使い方についても説明されているのでリンクを貼っておきます。


追記:上記作業中にPDFの結合作業が必要のない方法をみつけました。今記事はちょっと長くなったので別記事にて紹介しておきます。こちらをご覧下さい。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です