ASUS MeMo Pad HD 7 を使ってみた感想


MeMo Pad HD 7を使ってみた感想を紹介したいと思います。

ASUS ME173シリーズ TABLET ベリーベリー・ブルーベリー ( Android 4.2 / 7inch / 16G ) ME173-BL16 日本正規品ASUS ME173シリーズ TABLET ベリーベリー・ブルーベリー ( Android 4.2 / 7inch / 16G ) ME173-BL16 日本正規品

Asustek 2013-07-19
売り上げランキング : 187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
価格は17,820円。ギフト券での支払いおよび付与ポイントで実質16,000円を切る。







【デザインについて】
昨今の流行は 「ベゼル (ディスプレイの余白) が狭い」 という点があると思いますが、当製品はけっこうベゼルは広いです。

また、背面のカメラ部分は一種の 「出目金仕様」 となっており、ほんの少しですがぽこっと出てます。

質感ですが、背面はマット調(と言うんでしょうか?)になっており、人によっては指紋が目立ちます。


【処理速度】
値段から考えてあまり期待していなかった部分ですが、必要十分なレベルです。いわゆるオーバースペック気味な端末ではないため、初心者から上級者幅広く使える端末だと思います。

価格.comのレビューで、カクツクと言われている方がいらっしゃいますが、実際たまにカクツキます。
これについては動作状況を動画撮影し、Youtubeにupしているので観て貰えばわかります。(後述します)

この動画を観て貰えばわかりますが、「ふつうに使う分には問題ありません」

別の方がふつうに使う分には問題ないとはいえない、と言われていますが、大事な事なのでもう一度云います。

ふつうに使う分には問題ありません。

まぁここは人によってどこまで許容できるか?という事がありますが、一切カクツキのない、動作はヌルヌルで!とか、そうじゃないと買う気にならないよ!って人、超神経質の人にはこの製品は合わないかもしれないです。


【入力機能】
入力ソフトにはFSKARENが搭載されています。問題なく入力は可能ですが、何分変換系の弱さはATOKと比べるとやっぱり劣ります。

まぁ有料ソフトであるATOKと比べる方が可笑しいですよね…


【携帯性】
今となっては特別軽い方ではありませんが、実測304gとiPad mini Retinaと比べても数十グラム軽いので、どちらかといえば良い方だとは思います。



ただ前述したとおりベゼルが広いため、7インチタブレットとはいえ縦も横もそれなりにあります。

もちろん7.9インチのiPad miniと比べれば、しっかりと片手でホールドできる分、落としてしまいそうな恐怖感はありませんし、もちろん女性でも片手でしっかり持てるサイズです。


【バッテリー】
メーカー公称値が10時間と十分なスペックです。

実際使ってみた感じもけっこう持ちますし、iPad mini Retinaと比べて困るほどバッテリー持ちは悪くはないです。
※iPad系には負けますよ。これはOSの違いが多分にありますので…

自分の使い方(電子書籍2~3時間くらい、ネット2時間くらい、メールなどを少々)だと2日ほど持つので十分です。


【液晶】
1280×800ドット、一昔前の解像度ではありますが、問題なく綺麗に感じます。

特に動画再生系は液晶の解像度よりも本来の動画の解像度が重要なため、フルHD解像度のディスプレイでHD動画を観た場合と、本機でHD動画を観た場合の違いなどほとんど感じません。(というか僕だと気づかないと思う)

電子書籍を読むときは、やはりディスプレイ解像度が高い方が読みやすくはあるのですが、そもそもこのサイズ、7インチというディスプレイだとコミックを見開き読みするなどは、ほとんどしないと思います。
というか4:3のiPad mini Retinaですら見開きでコミックを読むのはちょっと…と云って9.7インチiPadにする人もいるくらいですし。

見開き表示ではなく1ページずつの表示であれば、MeMo Pad HD 7の解像度で十分はっきりとコミックも読めます(例外的に1度だけ、非常に小さなモブキャラのつぶやきが潰れて読めませんでしたが、これはまぁ仕方ないかと…)

初代iPad miniでコミックを読んでいた身から考えると、画素密度が上である本機での読書は余裕で可能です。


【付属ソフト】
プリインストールにAmazonのKindleアプリとYahooブックストアがありましたが、自分的にはKindleだけでいいので、後者は削除させて欲しい…(削除は出来ませんが、無効には出来ます)

ちょっとプリインアプリで余計な物が多いかなって印象でした。

僕はあくまで自炊したコミックや小説など、電子書籍端末としてMeMo Pad HD 7を購入したのでASUS謹製アプリも使っていないです。



【総評】
買ってよし!

重たいゲームはやる予定の無い人、スペック厨ではない人、自炊した本を外出先に大量に持ち出して読みたい人、コストを重視している人、ほんの少しのことは笑って許せる穏やかな人、etc…

MeMo Pad HD 7を買うと幸せになれると思います。

おそらく8割から9割の人にとっては、ふつうに使う分には問題ないと答えると思います。

よくよく考えてみて下さい。Androidでそこまで重たい3Dゲームやりますか?僕も初めはスペックの事を重視し、あらゆる作業を快適に、まったくストレス無くこなせる物を求めていましたが、なにぶんコストが嵩みます。

そして考えて考えて気づいてしまいました。そもそもタブレットで何をやりたいのか、実際たくさんのタブレットを購入してきましたが、それらは何に使ったのか。


結論。僕の場合は電子書籍端末および動画鑑賞端末としての利用が最も多かった。あ、もちろん基本のWebブラウジングも多いですが、今のタブレットはブラウジングくらいどれも兼職無くこなしてくれますから…

読書端末として、また動画鑑賞端末として考えると、コストパフォーマンスもよく使い勝手も悪くない端末として本機はトップクラスに躍り出ます。

それもこれも、micro SDといった外部ストレージに対応しているためですが、この利用方法でストレスが溜まるような製品ではありません。断言します。


ただし!
少しのカクツキも許せない、またデザイン性やオシャレ度、所有欲を満たす、予算には余裕があり、コスト度外視で製品を選ぶetc…

上記の方はiPad系を選んだ方がいいと、個人的には思います。

また、タブレットでゲームをされたい方は迷い無くiOS、iPadをオススメします。iOSは一環してアップルが作り上げ管理していますので基本的にはiPad Airだと快適にプレイできるのに、iPad mini Retinaだとアプリが強制終了して使えない、なんてことはないです。

しかしAndroidだと、スペック上は同じでも、Aという端末ではプレイできるのに、Bだとアプリが立ち上がらないとか起きることがあるようです。

これはおそらく様々なメーカーがAndroid端末を生産しており、チューニングなど、なにかしら違いが生じているためだと思います。真相は定かではありませんが…

よってたとえスペック上問題なさそうでもプレイできるかわからない、といったことがあるAndroidよりはiOSの方が安心感はあるかと思います。

また一部世界中で爆発的人気を誇る大作ゲー、たとえばInfinity BladeはiOS専用らしく、現状Androidではプレイ出来ません。

もちろん中にはAndroidでしか動作しないゲームもあります。Keyというブランドのいわゆる泣きゲーと呼ばれるものはAndroidでしか配信されていないようです。

上記のことを踏まえて、自分がタブレットで何をしたいのかをよくよく考えて選ぶようにしましょう。


最後にもう一度だけ…
読書用端末として、および動画観賞端末としてはコスト(値段)をふまえて、現状MeMo Pad HD 7がオススメです!
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です