レノボの8インチWindows 8タブレット 「ThinkPad 8」 がやばい Mixx 2 8は買わなくて正解かも


レノボが新しく発表した8インチサイズのWindows 8タブレットが最強すぎると話題になっている。


レノボは既にWindowsタブレットとしてMixx 2 8を販売、非常に好調な売れ行きとなっているわけだけど、さほど時間を空けることなく、あらたにThinkPadの名を冠した8インチサイズのWindowsタブレットを発表した。


主なスペック
OS:Windows 8.1
ディスプレイ:8.3インチ(1920×1200ドット、10点マルチタッチ、272ppi)
CPU:Atom Z3770 (Mixx 2 8に搭載されたZ3740の上位にあたる)、2.4GHz、クアッドコア
メモリ:2GB
ストレージ:32、64、128GB
インターフェイス:microUSB 3.0、micro HDMI、micro SDカードスロット(SDXCまで対応)
バッテリー駆動時間:8時間
サイズ:132(W)×224.3(D)×8.8(H)mm/約430g
価格:4万2000円前後~(米国)


個人的大注目なのは、やっぱり解像度。今市場に出回っているWindows 8インチタブレットは、1280×800ドットの製品ばかりで、正直解像度がiPadやAndroidタブレットに比べて酷く低い。まぁWindows用のKindleアプリなど、電子書籍アプリが出回ればまた変わってくるだろうけど、現状はブラウジングでも文字のシャギーが目立つ。

それがThinkPad 8なら一気に問題解決。11インチサイズのPCでもフルHDあれば十分に高いと思われている中で、8インチサイズでフルHD超えなのはとてもワクワクさせてくれる。


また、CPUについてもIconia W4やMixx 2 8に比べて上位のAtom Z3770 (ARROWS Tab QH55/Mと同じ) を搭載しているので動作についても十分過ぎる性能を発揮してくれるだろう。

またモバイルPCとして有名なThinkPadブランドを冠しているのも所有欲を満たしてくれそうで嬉しい。
余談なんだけど、ノラもThinkPadってやつを一度でいいから購入したいって思っているんだけど、なかなか量販店だと上位の高級機しか置いてなかったりで買えていない…実は今直販で下位グレードのThinkPadを購入しようか、なんて思っているんだけど、サポート云々とかで結局購入の一歩手前で足踏みしている状況…苦笑


とにかく、今市場ではかなりの盛り上がりをみせている8インチWindowsタブレットだけど、購入に踏み切らずに様子見を決めていた人にとっては今回の製品発表はかなり嬉しいことだと思う。逆にもう買っちゃった人からするとかなりアンラッキーな出来事だけど…
米国では今月下旬から随時発売されるそうなので、国内販売が早く決まって購入可能になるのを首を長くして全裸待機したいと思う。発表されたら速攻購入してしまうかもしれない…^^
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です