SIMフリー iPhone 5cが当たったらどのMVNO SIMを契約するか再考してみた


もう今年も残すところあと1日となった。ノラは最近夢で年末ジャンボが当選したり、AppleのLucky BagでSIMフリー iPhone 5cのグリーンを当てる夢ばかりみてます(笑)

というわけで、まだ行列に並んだわけでもないくせに 「もしSIMフリー iPhone 5cが当たったら」 を想定してどのSIMを使うのか再考してみたので聞いてください。


2014年版Lucky Bagのティザー広告。カラフル&グリーン色があることからiPod touchではなくSIMフリー iPhone 5cであると確信してる


ノラが夢にまでみているApple SIMフリー iPhone 5c Green




まずデータ専用SIMを契約して、音声プラン契約のガラケーと2台持ちするのか、はたまた通話もデータ通信も全て1台で賄うのか。

現状音声プランを提供しているMVNOサービスは日本通信の 「スマホ電話SIMシリーズのみ」 で、その中でも1番維持費が安い 「スマホ電話SIM フリーData」 を使用した場合でも毎月1,560円掛かるので、維持費優先ならガラケーなどの音声プランを契約した携帯と2台持ちすることが前提となる。
※たとえばデータ通信専用SIMは毎月490円の 「DTI ServerMan SIM LTE」 を、音声プランはドコモの毎月780円の 「タイプXi にねん」 を契約すれば毎月1,270円で通話とデータ通信可能 (ドコモのキャリアメールを使わないことが前提)


ただ2台持ちって以外と面倒なんだよね…バッテリーも2台管理する必要あるし、男性だとポケットに2台入れるのはきつい。女性だったら必ずバッグを持ち歩くから関係ないけど。

あとガラケーとかだとスピーカー通話が出来ない(ノラが持っているガラケーはそう)んだけど、これ結構不便。家で何か作業しながら電話したいとき、スピーカー通話できないと片手が使えなくなるから作業が進まなくてイライラするし。

それに携帯キャリアって2年間の縛りがある+契約は2年ごとの自動更新だから自由に解約しようとすると違約金で9,975円徴収されかねない。


これに比べて上で紹介したスマホ電話SIM フリーDataは、最低利用期間として5ヶ月(4ヶ月以内に解約、ないしMNPで他社へ乗り換えると違約金として8,400円/税込み支払い義務が生じる)という縛りはあるけど、それ以降はいつ解約しても違約金は掛からないのがイイ。


ノラは自由でないと嫌 (てか自由気儘だからノラなんだよ)+スピーカー通話したい+ポケットに2台も携帯入れたくない

上の3つの理由でスマホ電話SIM フリーDataを契約しようかなぁって思った。


スマホ電話SIM フリーDataのプラン内容
・月額1,560円で通話+データ通信可能

・通話は携帯キャリアのLTEプランと同じく無料通話分はなし、通話した時間に応じて30秒あたり21円(税込)の通話料が掛かる

・データ通信は上下とも最大200kbpsに速度制限されている

・別途100MBあたり300円、ないし500MBあたり1,200円でチャージ(最大利用期間90日)して高速通信することも可能

・別途一月3GBの高速通信オプションが1,560円支払うことで利用可能


となっているんだけど、ぶっちゃけ200kbpsでも十分利用可能なんだよね。そりゃYoutubeを観るとかは無理だけど、メールやSNSは不便感じないし、Web閲覧やGoogleマップなどの利用もLTEと比べたら不自由だけど、十分実用レベル。
特にウィルコムのW-ZEROシリーズとかでPHS通信してた世代、お父ちゃんたちは全くストレスにならないって人もいるでしょう。

それでいて料金は携帯キャリアなんかより毎月5,000円程安いんだから文句なし!節約して焼肉とか食べにいく、ないしノラみたいに人柱レビューとかすればいいよ、うん。

というわけで、Lucky Bag買ってSIMフリー iPhone 5cが当たったらこれ契約する。まぁ現在利用中のドコモとかauとかソフトバンクとかの兼ね合いがあるんで、しばらくはデータ通信専用SIMで代用すると思うけど。

皆さんも自分の毎月の携帯料金をちょっと思い出してみて、節約したいなって思ったとき今回の記事が役に立つと嬉しいなっと。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です