ASUS TransBook T100TA開封の儀


先日紹介したとおり、ASUSのWindowsタブレット(PCにもなります) 「TransBook T100TA-DK32G」 を購入してきたので開封の儀を行おうと思う。

すべすべの化粧箱





メーカーホームページなどではUS配列の画像を掲載してあるけど、実際購入したものには残念ながらJIS配列のキーボードが付属する


ACアダプタとUSB-microUSBケーブル(充電に使う)


マニュアル、保証書、広告





先着10,000万台限定倍返しキャンペーンに間に合ったみたい。プレゼントされたのはSilicon Power製microSDHC SLASS4 32GB。


グレア液晶のため写り込みが激しい。


本体正面、左からフロントカメラ、その横にカメラインジケーター、ライトセンサー


本体左側、上からボリュームボタン、Windowsボタン


本体右側、1番上がmicroSDカードスロット。SDXCまで対応


本体右側、上からmicroUSBポート、microHDMIポート、ヘッドホン出力・マイク入力コンボジャック


本体上部、右側に電源ボタン


本体下部、上からヒンジホール、ドックポート、ヒンジホール(縦表示になってますすみません)

本体背面の左右にステレオスピーカーがあるんだけど・・・


拡大しても見えない



以上が本体の各部名称になる。
本体背面は指紋が目立つのがナンセンスって話だったけど、自分が指紋の写りにくい性質なのか、そんなに指紋は目立たない、ラッキー♪


次にキーボードを写真で紹介する。


前述したようにJIS配列のキーボードが付属。個人的にはUSキーボードがかっちょええので好きです。


左右にラッチフック(タブレットをキーボードにしっかり固定するためのもの)、中央がドックコネクター


キーボード左側にUSB3.0ポート


キーボード背面、ネジ穴からして開けれるっぽいね。まぁどうせHDDの入っていないやつなんで開けても意味ないかも。


次に恒例の重量チェックにいきたいと思う。

タブレット本体は実測572g (メーカー公称値約550g)


キーボードドックは実測536g (メーカー公称値は約520g)


ACアダプタとケーブルは実測70g


重量については、めずらしくメーカー公称値よりも実測が重い結果となった。メーカー公称値によるとタブレット+キーボードで約1.07kgらしいが、実測だと約1.1kg。
まぁ誤差の範囲だけど、iPadやSurface2なんかは実測が軽かったのでちょっと意外。


いじょ。こんな感じでけっこう物欲が満たされるというか、わくわくする商品です。やっぱり合体型というのが面白い。microSDHCが付属で付いてくるキャンペーンもGood.

ASUS TransBook 100TAは家電量販店(ネット店舗)でもポイントが付かない代わりに値段が安くなっており、だいたいどのお店も40,320円みたい。

ノラはこの間紹介したamazonで安く商品を買う方法で実質38,000円弱で購入した。

ASUS T100TAシリーズ NB / gray ( WIN8.1 32bit / 10.1inch HD touch / Z3740 / 2G / 32G ) T100TA-DK32GASUS T100TAシリーズ NB / gray ( WIN8.1 32bit / 10.1inch HD touch / Z3740 / 2G / 32G ) T100TA-DK32G

Asustek 2013-11-02
売り上げランキング : 466

Amazonで詳しく見る by G-Tools

追記:開封動画はYouubeの方をご覧ください
リンク:https://www.youtube.com/watch?v=OSj3BijoN3w

T100TA専用のアンチグレア保護フィルムを発見したので購入してみた
http://nora-gadgetter.net/post-0-247/
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です