MacBook Proのメモリ換装手順を写真で紹介


MacBook Pro(非Retinaモデル)はユーザー自身の手によるメモリ換装をApple公式で認めており、自分も純正メモリ4GB→8GBに交換していた。

で、度重なる不具合の結果交換品を送ってもらい、不具合機を返却することになったためメモリを8GB→純正4GBに換装したため手順を紹介。


手順1.まずメモリ換装に必要なドライバーと換装するメモリを用意する。僕はこちらの商品を買った。決め手はレビューの評価が概ね良好だったから。

アネックス(ANEX) 精密ドライバーセット マイナス・プラス6本組 No.900アネックス(ANEX) 精密ドライバーセット マイナス・プラス6本組 No.900

兼古製作所
売り上げランキング : 53

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Transcend JetRam ノートPC用増設メモリ PC3-12800(DDR3-1600) 8GB KIT(4GB×2) 永久保証 JM1600KSN-8GKTranscend JetRam ノートPC用増設メモリ PC3-12800(DDR3-1600) 8GB KIT(4GB×2) 永久保証 JM1600KSN-8GK

トランセンド・ジャパン
売り上げランキング : 529

Amazonで詳しく見る by G-Tools


手順2.準備が整ったらいよいよMacBook Proの裏蓋のネジを外して開ける。使用するドライバーは上記の製品の場合+00。
※使用されているネジは2種類あるようなので、どの箇所のネジだったか後から判別できるようにしておくこと。



画像に写っている3カ所のネジは長いネジ、他は短いネジ



手順3.装着されたメモリを外す作業に移る。
※このとき静電気等が心配なのでMacBook Proの裏蓋(外したやつ)を両手で触って体内の静電気を除去すること。

追記
裏蓋で静電気が除去できるというのは都市伝説だったそうです・・・すみません。確実なのは画像内の金属(ハードディスク横)を触るのがいいとのこと。



メモリの外し方は、画像にある○で囲った部分(左右にあるレバーみたいなやつ)を左右に開くようにしてやると、まず一枚目(上のメモリ)がぴょんっと持ち上がるので外す。
下にも一枚装着されているので同じ手順で外す。




メモリを装着するときは画像の○で囲った部分を合わせるように、またしっかりと奥に差し込む。




手順4.裏蓋をネジでしっかりと閉めたらきちんとメモリが認識・変更されているか確認する。
まずMacの左上の「りんごマーク」をクリック→「このMacについて」をクリックすると把握できる。


きちんとメモリが4GBに変更されている


以上がMacBook Proのメモリ換装方法。

僕は全PCの自作とか換装とかしたことなかったけど、ささっと終わりました。初めての人でも意外と簡単なのでチャレンジしてみたらどうかなと思う。メーカーのカスタマイズだと1万円するからね・・・
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です