iPad mini Retinaディスプレイモデル どれを買うか改めて考えてみた


今月もそろそろ中盤に差し掛かる頃、iPad mini Retinaディスプレイモデルの発売日は未だに発表されないけど、そろそろピリピリしたムードになってきてる。

スペースグレイ

シルバー


というのも、iPad mini Retinaディスプレイモデルは生産が追いついておらず、供給量が需要に比べ大幅に少ないともっぱらの噂。
iPad Airですら発売2週間前から並ぶ猛者もいるぐらいなので、iPad mini Retinaもそろそろ並ぶ人が出てきそうな雰囲気だ。


僕はビックカメラさんで購入しようと思っていて、偵察の意味で、先日iPad Air発売日の行列及び品切れまでに掛かった時間を聞いてきた。

なんでも発売開始時刻までに並んだ人はわずか20人足らず、80台ほど入荷して発売日の翌日に全モデル売り切れとなったそうな。
ちなみにそのビックカメラから徒歩数分のAppleストアには100人を超す行列が出来たらしい。

つまりどうしてもAppleストアで購入したい理由がない人は量販店に行けば楽に手に入る状況だった。

ただ前述したとおり、mini Retinaモデルは供給量が非常に少ないという噂が出ているため始発に乗って販売開始時刻まで並ぼうと思っている。

で、うまく自分の欲しいモデルが買えるとして、改めてどの容量を購入するか考えてみた。

iPad mini Retinaモデルからは新たに128GBがラインナップに加わり、16GBが41,900円、32GBが51,800円、64GBが61,800円、128GBが71,800円という価格設定。

だいたいどのモデルも1万円差となっていて、16GB→32GBモデルは、プラス16GBで9,900円アップ、32GB→64GBモデルはプラス32GBで10,000円アップ、32GB→64GBモデルは、プラス64GBで10,000円アップとなっている。

こう考えると、コストパフォーマンスが1番高いのは128GBモデルなわけだけど、個人的にはタブレットに7万円オーバーはちょっと二の足を踏む。
液晶保護フィルムやケースなどのアクセサリー代を考えればすぐ8万円コースとなるからだ。

また、1年サイクルで新しいモデルにバージョンアップされて買い替えることを考えるとあまり大容量はいらないかなぁって思う。

であれば16GBモデルか32GBで悩むんだけど、16GBだと最近のゲームアプリなんかだと数個入れたら容量が・・・ってなってしまう。
まぁそのときそのとき使うアプリをダウンロード→削除を繰り返せば究極容量は少なくてもなんとかなるけど、かなり面倒くさい。

利便性を取るか、お金(値段)を取るか。

つい先日までは利便性をとって32GBにしようと思っていたんだけど、AcerからWindowsタブレット「Iconia W4-820」が発表された。



これ欲しいなぁって思ってたら神様からの思し召しなのか、Iconia W4-820の人柱レビューをして欲しいとのお願いがいらほらと・・・買えってことなのか・・・!

いやいやいや、この間のSurface 2人柱購入、プラス今月のiPad mini Retinaディスプレイモデルの購入で素寒貧なんだけど◟꒰◍´Д‵◍꒱◞

というわけで、もしIconia W4-820の人柱依頼が数多く寄せられた場合はそっちも購入することになると思われるので、iPad mini Retinaディスプレイモデルは16GBモデルのシルバー購入で決定します。

Iconia W4-820を人柱購入するかはもう少し人柱依頼の声が増えたらってことにさせてもらいます。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です