Acer Iconia W4-820が気になったので調べてみた


先日、日本エイサーが発表したWindows 8.1を搭載した8インチタブレット「Iconia W4-820」



搭載するOfficeソフトの違いで2種類あり、Microsoft Office Home and Business 2013を搭載したモデル「W4-820/FH」が47,800円、Office Personal 2013を搭載した「W4-820/FP」が42,800円。12月中旬発売予定。
※価格はビックカメラ.comでの価格。これに10%のビックポイントが付く

スペック
OS:Windows 8.1 32bit
ディスプレイ:8インチIPS液晶(1280×800ドット、5点マルチタッチ)
CPU:Intel Atom Z3740(1.33GHz-1.86GHz、クアッドコア)
メモリ:2GB
ストレージ:64GB SSD
無線LAN:802.11a/b/g/n
Bluetooth:4.0
カメラ:500万画素AF付き(インカメラ200万画素)
インターフェイス:Micro USB2.0×1、Micro HDMI×1、micro SDカードスロット
バッテリー駆動時間:10時間(Web閲覧)、8時間(動画視聴)
サイズ:134.9(W)×10.75(H)×218.9mm(D)415g
※CPUクロック数は最大で1.86GHzまで上昇する


個人的にはフルWindowsを搭載していて8インチという小型サイズ、値段はiPad mini Retinaモデルの16GBモデルとほぼ同じでOfficeソフト付きというのがかなり気になる。

で、一番気になったのが、フルUSBポートを搭載していないが、外付けの光学ドライブ(DVDやBlue-rayドライブ)やHDDが使えるのかどうか、だ。

結論からいうとどうやら問題なく使えるらしい。少なくとも前モデルIconia W3では使えたとのこと。
であるならばW4でも使えるだろう。ということはWindowsゲームソフトをプレイすることも可能なはず。

またCPUはAtomとはいえ、Bay-Trail クアッドコアのためそれまでのAtomとは比べ物にならないくらい高性能らしい。

というもの実際どれくらいの性能なのか気になったためGoogle先生に聞いてみた。

するとどうやら2013年1月21日に解禁したIvy Bridge世代のCeleronプロセッサーに近い性能があるらしい。つまり十分な性能を持っている。

これは・・・欲しいね。Adsenseの収入如何ではiPad mini RetinaとこのIconia W4-820と両方買ってしまいそうアル。

追記:東芝が発表したの同じ8インチ Windowsタブレットのdynabook Tabと比較してみた
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です