iPad Airを求めて300人が行列 2週間前から並ぶ人も


本日11月1日、ついに新型iPad「iPad Air」が発売された。


なんでもAppleストア銀座には開店前に300人以上が並び、先頭の男性は2週間前から並んでいたとのこと。

・・・そこまでしなくても買えるでしょって思ってしまった。
あ、実際AppleのWebストアでも在庫は潤沢で24時間以内に出荷となっている。


そしてこうやって2週間前から並んでた、といった話を聞くといつも不思議に思うんだけど、「いったい普段は何をしている人なんだろう」

だってよく考えてみると、基本的に暇で時間に融通が効くといわれる大学生なんかも2週間並ぶなんてほぼ無理ではないだろうか?

まして社会人なら尚更だ。有給休暇を連続で取れば可能だろうけど、そもそも今の社会で有給休暇を連続2週間取れるなんて社長とか管理職でも厳しいのでは?

と考えると1番可能性としてありえそうなのはどこかのメディア関係の人だと思ったけど、そもそもメディア関係の人ならメディアで紹介されたりしないだろうし、どこどこの◯◯です、って名前を言ったり、記事を書いたりしそう。

うーん・・・益々何をしている人かわからない。もしかして資産家かだったりするのだろうか。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です