iPad AirとiPad mini Retinaディスプレイモデル どっちを買うか


満を持して発表された新型iPad「iPad Air」と新型iPad mini「iPad mini Retinaディスプレイモデル」

その価格、サイズ、性能を比較してどちらを買うべきか検討してみた。

価格やサイズ、性能の一覧比較はApple公式ページで既に公開されているのでそちらをみてもらうとして、それぞれの長所及び短所について紹介。

iPad Airの長所
・前モデルに比べてベゼルが43%細く、重さは652g→469gに、厚さは9.4mm→7.5mmにサイズダウンしたことで驚きと感動を与えてくれる(はず)

・画面が9.7インチと大きいため動画や写真、ゲームなどが大画面らしい迫力で楽しめる。


iPad Airの短所
・大幅に軽量化したとはいえiPad mini Retinaディスプレイモデルの331gに比べたら重い

・性能はiPad mini Retinaディスプレイと同等だが値段は1万円高い


iPad mini Retinaディスプレイモデルの長所
・iPad Airと比べコンパクト&138g軽く、取り回しが効いて持ち運ぶのに楽

・iPad Airと同じ性能で値段が1万円安く財布に優しい


iPad mini Retinaディスプレイモデルの短所
・前モデルに比べ重く、厚く(iPad Airと同じ厚さに)なってしまったのはがっかり

・iPad Airと比べ画面サイズが小さいため電子書籍(主にマンガ)やゲームプレイ時の迫力は劣る


こんな感じだろうか。

【まとめ】
・新しいデザイン、物が好きな人、電子書籍(主にマンガ)が読みやすい方がいい人や、写真や動画を迫力ある画面で楽しみたい人で、1万円の価格差が納得できる人、1万円くらい気にしないお金に余裕のある人はiPad Air

・重さを気にする人(特に女性)や価格重視の人はiPad mini Retinaディスプレイモデル
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です