ドコモ2013年冬モデル「ARROWS NX」F-01Fの実機 再レビュー


今月24日に発売予定のドコモ2013年冬モデル「ARROWS NX」F-01Fの実機をドコモショップで確認してきたので紹介。

とりあえずプリインストールアプリがどれほどか写真に撮ってきたのでご覧あれ。



やはりドコモのプリインアプリが多い・・・ただこのドコモのプリインアプリ、G2 L-01Fと同じであればほとんどがアンインストール(削除)できるはず。少なくともG2ではほとんど削除可能だった。

となりには「Xperia Z1」SO-01Fの実機もあったため並べてサイズを比較してみた



また、動画をYouTubeにアップしたためよかったらこちらも確認どうぞ。(ブラウザによって埋め込み動画が観れないそうなのでその場合はYouTubeからどうぞ)
※著作権の関係上、音声は削除済み



【総評】
・デザイン
ラウンドフォルムで手に馴染みやすく持ちやすい作りとなっている。
またシンプルなデザインのため老若男女、誰にでも合う作りとなっている。(悪くいえばデザイン性が乏しくXperia Z1やiPhoneなどのようにオシャレ感は乏しい)

また、ボディ裏面には本物のダイヤモンド粒子を加えた塗装とウルトラタフガードplusなるを採用し、通常の塗装と比べ約3.5倍の耐久性があり長い間綺麗に使えるそう。

・携帯性
5インチスマホとしては標準的な大きさか。150gとiPhone5sの約112gと比べるとややズッシリと感じるので、女性だと長時間の片手操作はつらいかもしれない。

・ボタン操作
ボタン類は左側面に集中しているが、特に押しにくいといったこともなかった。

・レスポンス
CPUには現状最高峰のQualcomm Sapdragon 800 2.2GHzクアッドコアを搭載しており、NVIDIA製CPUを搭載していた頃よりも安定性も高く発熱も少なく感じた。
発熱については心配いらないと思う。

・ディスプレイ
解像度は最近のトレンドであるフルHDであり、Super Clear Panelを搭載し光の乱反射と拡散を低減し、屋外でも見やすく表示できるそう。(実機は屋内でしか触れなかったため屋外での実際の使用感は不明)

またCornig社製Gorilla Glass 3を搭載しているため傷や衝撃に強く安心感がある。

・防水
キャップレス防水に対応しているため、microUSB端子やイヤホンジャックにキャップをする必要がなくデザイン的にも利便性的にも素晴らしい。

・ヒューマンセントリックエンジン
富士通独自のヒューマンセントリックエンジンは当機種も搭載しており、個人的にオススメな機能は「ブルーライトカットモード」、「持ってる間ON」、「あわせるローテーション」

「ブルーライトカットモード」は、画面から発せられるブルーライトを約30%カット軽減してくれる。

ブルーライトは体内時計を狂わせたり、眼球疲労の原因ともされているため、最近ではブルーライトをカットするための眼鏡が販売されたりしているが、ARROWS NXなら機種自体が搭載している。これはかなり嬉しい機能だと思う。

「持ってる間ON」はその名のとおり、インカメラが目線を判断し手に持ってる間や見つめている間は画面がONのままになる。
Web閲覧時や電子書籍の読書時など、画面が消えてイライラせずにすむ。

「あわせるローテーション」は、画面回転の判別にインカメラを使用し、謝った回転でイライラせずにすむ。
寝転がってスマホをいじるときなどに便利。

・スイッチ付指紋センサー
当機種では、背面に搭載された指紋センサーを押して画面ON→指紋センサーをなぞって画面のロック解除ができる。
いちいち電源ボタンを押したりロック解除ボタンを押したりという手間が省けて、面倒臭がりな僕には嬉しい。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です