不慮の事故や買い替えに備えて【iPhoneのバックアップ方法および初期化方法】


スマートフォンはAndoroidだろうがiPhoneだろうがバックアップをとることが必須となってくる。

たとえば不慮の事故「水没・全損・紛失」した場合もバックアップをとっていれば貴重なデータを復元することができるし、新しいiPhoneに買い替えた場合もデータの復元が簡単にできる。


本題のiPhoneのバックアップ方法についてだが、【iTunes上にバックアップする方法】と【iCloud上にバックアップする方法】のふたつが存在する。


【iTunes上にバックアップする方法】
手順1 iTunesソフトウェアをAppleのホームページからダウンロードする。
     ※ソフトウェアにはWindows版とMac版があり


手順2 ダウンロードしたiTunesを起動し、PCとUSB接続、右上にある「iPhone」をクリックする。


手順3 ウィンドウの上部メニューから「概要」をクリックし、「手動でバックアップ/復元」の項目にある「今すぐバックアップ」をクリックすればOK。



作成されたバックアップを確認する場合は、「iTunes」→「環境設定」もしくは「編集」→「設定」から「デバイス」をクリックすればよい。




【iCloud上にバックアップする方法】
手順1 「設定」アイコンをクリックする。


手順2 「iCloud」タブをクリックする。


手順3 バックアップをとりたい項目をオンにする


手順4 「ストレージとバックアップ」タブをクリックする。


手順5 「バックアップ」項目の「iCloudバックアップ」をオンにする。


これでiPhoneが電源に接続され、ロックされ、Wi-Fiに接続されているときに自動的にバックアップされる。
「今すぐバックアップを作成」タブをクリックすることで手動ですぐに作成することもできる。



【バックアップから復元する方法】
iPhoneを新しく買い替えた場合や、工場出荷状態(初期化)したら、iPhone側で初期設定をしていくと「iPhoneを設定」という手順がある。

そこで、「iCloudバックアップから復元」もしくは「iTunesバックアップから復元」好きな方を選べばいい。



【iPhoneの初期化方法】
iPhoneを初期化する場合は、iPhoneとパソコンを接続し、iTunesから「iPhoneを復元」を選べばいい。


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です