iPhone5s,iPhone5c 両モデル800MHz(プラチナバンドLTE)に対応 au勝利か?ドコモは逆転なるか?


AppleがiPhone5および廉価版iPhone iPhone5cを発表しました。


今発表の目玉はやはり
1.廉価版iPhone iPhone5cの発表

2.ドコモからついにiPhone発売!

3.800MHz帯LTEに対応!


ですかね。
個人的に一番嬉しいのは3の800MHz帯LTEに対応したことです。


iPhone5ではau版のLTE人口カバー率が誤って公開されており、auが行政指導がを受けるといった問題にまで発展しました。

それというのも、au版iPhone5は、auが力を入れている800MHz帯(プラチナバンドLTE)に対応しておらず、2100MHz帯のLTEに対応だったのです。

もちろん2100MHz帯は800MHz帯に比べ繋がりにくかったりしますのでiPhone5の残念な点の一つだったのです。


しかし!新しく発表されたiPhone5sと5cは800MHz帯LTEに対応!auの時代がキターって感じですね(笑)

iPhone5sと5cのLTE対応周波数はこちらのAppleホームページで確認できます。

日本で発売されるiPhone5sのモデルはA1453、iPhone5cのモデルはA1456となっています。


それではまずiPhone5sからみていきたいと思います。




カラーはスペースグレイ、ゴールド、シルバーの3色展開です。個人的にはスペースグレイに興味があります。

詳しいスペックはこちらのAppleホームページをみていただくとして、

個人的に気になる点

1.モバイル端末では初となる64bit CPU A7を搭載し、Open GL ES 3.0など、グラフィック性能が向上

2.バッテリーが向上し、iPhone5より2時間持つようになった

3.ホームボタンにサファイアクリスタルの指紋認証センサーを搭載しセキュリティが向上

以上の点です。他にもカメラ機能なども向上しています。



次に廉価版iPhone iPhone5cですが






カラーはホワイト、ピンク、イエロー、ブルー、グリーンの5色展開です。

こちらも詳しい仕様やスペックはAppleホームページをご覧になっていただくとして、

個人的に気になる点
1.iPhone5よりも廉価版iPhoneであるiPhone5cの方がスペックが上

2.記録容量に64GBがない

3.素材は強化ポリカーボネート

4.廉価版なのに800MHz帯LTEにはしっかり対応

以上の点。

ちょっと驚いたのが、iPhone5よりもスペックが上なことです。iPhone5を買った僕涙目って感じ(笑)

あと、64GBモデルがない点……。まぁ64GBモデルを購入する方は少ないそうですが、個人的には欲しかったです。

でも!廉価版なのに800MHz帯(プラチナバンドLTE)にしっかり対応してくれているのは非常に嬉しいです。


さて、皆さんは新しいiPhone、購入しますか?購入するとしたらどちらにします?

僕はiPhone5cを購入すると思います。

正直、デザインや質感は圧倒的にiPhone5sが上だと思いますし、機能も上です。

ただ、廉価版iPhoneというあたらしい試み、また、廉価版なのにスペックはiPhone5より上という点で非常に物欲が刺激されてます。


あとは価格ですが、iPhone5sが16GBモデルが2年契約で199ドル、iPhone5c 16GBモデルが同じく2年契約で99ドルと発表されています。

これは米国での話ですので、おそらく国内では従来通り2年契約で実質0円という形だと思います。


ただし、これはiPhone5までだと思います。今回は廉価版iPhoneとしてiPhone5cも発売されますので、

おそらく、iPhone5s 16GBモデルが2年契約で実質9,800円、iPhone5c 16GBモデルが2年契約で実質0円だと予想しています。

理由としましては、
やはり廉価版があるならスペックの高いiPhone5sは実質0円にはしないだろうということ

廉価版であるiPhone5cが前回16GBモデルが2年契約で実質0円だったiPhone5よりスペックが上


なことが上げられます。


実際は国内キャリアの発表までわかりませんが……。

発売日は両モデルとも9月20日(金)で予約は13日からとのことです。

僕はちょっと安くなるまで待つつもりなので、おそらくクリスマス商戦あたりでソフトバンク回線をauに乗り換える形でiPhone5cを購入すると思います。



いよいよドコモからもiPhoneが発売されることになり、国内3キャリアすべてがiPhoneを取り扱うこととなりました。

これによりますます競争の激化が起こると予想されますが、現在ドコモを利用されている方で、どれくらいの人がドコモ版iPhoneを利用したいと思っているかが予想しづらいですね。

おそらく個人契約の方は待ちきれずにauなりソフトバンクにMNPで乗り換えてそうですし、AndroidもiPhoneに負けない魅力的な端末が出ていますし……


ただ、ドコモは法人の顧客が多いためそれなりに売れそうではあります。


iPhoneの取り扱いがないことにより、MNP契約者数でauやソフトバンクに大きく引き離されていたドコモが、今回のiPhone取り扱い開始によりどれだけ巻き返すのか、王者としての維持をみせるのか興味深いですね。


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です