ビックカメラ『インテル、はいってる タブレット』の予約受付開始


ビックカメラがCPUにIntel Atomプロセッサーを搭載したオリジナルタブレットの予約受付を本日開始しました。



メーカーはSiALというところで、製品名は『Si01BB』発売日は4月下旬を予定しております。

・主なスペック
ディスプレイ:7.9インチIPS液晶(1024×768ドット、アスペクト比4:3)
OS:Android 4.2.2
CPU:Intel Atom Z2580(2GHz、デュアルコア)
メモリ(RAM):2GB(LPDDR2)
ストレージ:16GB(micro SDHC対応)
通信:IEEE802.11b/g/n 無線LAN、Bluetooth 3.0
カメラ:500万画素、インカメラ200万画素
サイズ:138×201×8.5mm /約380g
バッテリー駆動時間:約8時間(連続動画再生時)
価格:26,040円(別途価格の10%分ポイントが付与される)


注目すべきは、まず画面のアスペクト比です。多くのAndroidタブレットと違い、AppleのiPadシリーズと同じ4:3を採用しているため、電子書籍端末やWebブラウジング端末としての使い勝手は高いと思われます。
逆にYoutubeなどの動画再生時にはアスペクト比の関係上、やや迫力に欠けるかもしれません。

あと採用されているCPUのAtomが、今人気のWindowsタブレットが搭載しているBay Trail世代ではなく、旧モデルのClover Trail世代なのも気になります。まぁほぼ問題なくアプリも動くと思われますが、3Dゲームとかは厳しいかもしれません。

ただその分価格は比較的に安価に抑えられており、ビックカメラで26,040円(2,604ポイント付与)ですから実質24,000円切ります。

また、ビックカメラオリジナルモデルとなっていますが、ビックカメラグループであるコジマやソフマップでも取り扱いがありますし、これらの店舗が近くにある方は、製品に問題が起きた場合もサポート面で安心できるという利点もあります。

特に安価なモデルは、購入後のメーカーサポートに若干の不安を覚える方も多く、そういった方にとって、家電量販店で購入後の修理受付をお願いできるのはある意味安心感がありますよね^^

該当ページ:ビックカメラ(製品ページ)
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です