OS無しだけど3万円で買えるWindowsタブレット 「CLIDE 11 C22L」 が欲しい


当ブログ読者様からのメールで知ったのですが、「CLIDE 11 C22L」 というタブレットがアキバのパソコンハウス東映、東映ランド、東映無線ラジオデパート各店で特化販売されているそう。
※詳しくはASCII様の記事を参照。


このCLIDE 11 C22Lというタブレットは、テックウインド株式会社というところのオリジナルブランドらしく、OSがインストールされていない代わりに今回の特価セールで3万円を切る29,980円で購入できるタブレットです。

OSは購入後ユーザー自身でインストールする必要がありますが、東映無線各店によると 「Windows 8.1/8/7やLinuxもインストール可能」 とのことで、魅力的な端末となっています。


主なスペックとして、CPUがIntel Celeron 1007U (1.5GHz、デュアルコア、キャッシュ2MB)、チップセットがIntel NM70、メモリーが4GB (DDR3)、ストレージが64GB mSATA (SSD)、ディスプレイが11.6型 1366×768ドット。

インターフェイスにmicro SDカードスロット、USB 2.0×2、micro HDMI×1、イヤホンジャック。無線LANがIEEE802.11a/b/g/n、アンテナ2本、Bluetooth 4.1。

サイズは302×196×13.5mm/約950g。本体背面にスタンドを備えており、卓上での利用を想定したサイズ感となっています。


残念ながらGPSは非搭載ですが、2.0とはいえフルサイズのUSBが使え、無線LANはデュアルアンテナを搭載、メモリーは4GBという点も、8インチWindowsタブレットには無い魅力だと思います。


ただIvyBridge世代のCeleron 1007UのCPU性能がどれくらいなのか、8インチWindowsタブレットに搭載されているAtom Z3740と比べてどうなのだろう・・・?

というわけで調べてみたところ、こちらのサイトによると、ほぼ同じと思っていいようです。ちなみに僕がサブ機として使っている、XP搭載ノートPC 「東芝 Satellite K16」 に搭載されているCPU Intel Core 2 Duo T5500 よりも性能は上のよう。

今巷で人気の8インチWindowsタブレットはメモリが2GBしかないため、CLIDE 11 C22Lの方がCPUは同性能でメモリは倍ということで良さそうですね。やっぱ8インチってサイズは持ち運びにはいいですが、画面が小さすぎてアイコンのタップとかが難しいという欠点もありますし・・・。


前述の情報提供者様より人柱の依頼も受けており、ひじょーに購入したいのですが・・・アキバに住んでいる友だちに購入して送ってもらおうか迷っています。

残念ながら通販の方は売り切れてしまっており、もし再入荷するようでしたら購入して人柱レポートしたいと思います^^

該当ページ:テックウインド

        CLIDE 11 C22L(製品ページ)
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です