2万円以下で買えるSIMフリー Android スマートフォン 「FleaPhone CP-F03a」 が便利そう


株式会社コヴィア・ネットワークスが3G回線対応のSIMフリー Androidスマートフォン 「FleaPhone CP-F03a」 を発表しました。発売予定は3月14日、価格は19,800円を予定。

FleaPhone CP-F03a


・主なスペック
OS:Android 4.2
ディスプレイ:4.5インチIPS液晶(960×540ドット)
CPU:1.2GHz、クアッドコア
メモリ:ROM 4GB、RAM 512MB
カメラ:500万画素(インカメラ30万画素)
インターフェイス:3G SIMスロット×2(デュアルSIMスロット)、micro SDカードスロット(SDHC対応)、micro USB端子、ほか
無線:IEEE802.11a/b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、NFC(Androidビーム)
GPS:A-GPS対応
バッテリー:1800mAh
対応周波数:W-CDMA(800、2100)、GSM(850、900、1800、1900)
サイズ:131.2×66.5×9.9mm/約140g


個人的に 「おっ」 と思ったのは、デュアルSIMスロットで、しかも両方がW-CDMA(3G)に対応している点。

つまり、一方にはIIJmioなどのMVNO格安データSIMを、もう片方にはドコモなど携帯キャリアの音声SIM(たとえばガラケーなどのSIM)を入れて使い分けることができます。

MVNOというサービスはどんどん広まっており、パケット定額は月1,000円以下に抑える人も増えてきましたが、こういった人の多くは、SIMフリースマホと音声契約のみのガラケーと2台持ちって人が多い。

ところが、この 「FleaPhone CP-F03a」 ならSIMスロットが2つ、しかも片方はGSM専用、なんてもんじゃなく、両方が3G対応ですので、上記のようにMVNOとドコモのSIMを両方挿せる=1台で全部OKです。やっぱ2台持ちは面倒ですからね・・・。


注意点としては、ふたつのW-CDMAのSIMで同時に通信することはできないため、上記のような使い方をする場合、通話をするときと、ネットなどデータ通信をするときとで、どちらのSIMを使うかメニューから切り替えが必要な点。ちと面倒かもしれません・・・。

とはいえ、2台持ちと比べれば1台で全てを済ませることができるのは魅力的だと思います。しかもデュアルSIMスマホにしては、CPUもクアッドコアで意外とスペックが良いです。

惜しむべくは、メモリが512MBな点でしょうか・・・。ちょっとここに不安がありますが、2万円以下で買えるSIMフリースマートフォンとして選択肢の筆頭にきそうですね^^


該当ページ:covia(商品ページ)

追記:週刊アスキーさんにて、当製品について記事が書かれました。それによるとGoogle Playに対応していないとのこと・・・残念。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です