Windows 8インチタブレット 東芝 「dynabook Tab VT484」の注目度上昇および定価の1万円以上下落


国内メーカーで唯一Windows 8インチタブレットを販売している東芝の 「dynabookTab VT484」 が、価格.comのタブレットカテゴリーにおける注目ランキングの4位に(再)浮上しています。





ランキングに入っているのは型番が 「VT484/26K」、内部ストレージ64GB、Microsoft Office Home and Businessを搭載した最上位モデルです。

東芝直販価格は59,800円ですが、発売日2013年11月22日から少し経っていることもあり、価格.comだと実勢価格47,000円前後と、定価の1万円以上お安くなっています。


これはあくまで個人的な予想ですが、おそらく価格.comに掲載されている安売りショップで購入する場合、多くの海外メーカー製品は初期不良や、不具合による修理などの面で、迅速な対応をしてもらえるのか不安に思っている方が多いのではないか?と思います。

そういった事情もあり、国内メーカー製である東芝のdynabook Tabが気になる方は非常に多いのでしょう。

さらにdynabook Tabは海外メーカー製の他Windows 8インチタブレットと比べ、主に価格面で劣っている印象が強かったのですが、価格.comなどで購入する場合、定価の1万円以上安く購入できるため、結果それほど負担に思わずに購入される方も多いのではないかと思います。

dynabook Tabは1.micro HDMIを搭載、2.GPS搭載、3.バッテリー駆動時間が11時間、と、海外メーカー勢のWindows 8インチタブレットと比べて優れている点も多いため、この価格帯だとお得だと思います。

僕も近頃は、新型Mac mini+dynabook Tabの2台購入でいきたいといった贅沢な願望を抱いていたり、もういっそのことMacBook Pro Retina 13インチモデルを買っちゃうか!?なんて懐具合を無視した無謀なことを考えていますが、電気製品は流行廃りまであっという間なので後悔しないようにしたいですよね^^
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です