SIMフリー iPhone 5sはMVNOだとテザリングができない!ならドコモ版の方が安くていいの?


先日、4月の消費税増税前にSIMフリー iPhone 5sを購入するか検討していることをお伝えしました。

無論せっかくのSIMフリーモデルのため、もし購入したらMVNO SIMを使った格安運用を念頭に入れていたのですが、どうやらSIMフリー iPhone 5sはMVNOのSIMだとテザリングが出来ないそうです。


画像はMVNOとして人気のあるIIJmioの公式Twitterですが、検証した結果テザリングはNGだったそう・・・。

ちなみにGoogle先生に聞いたところ、ドコモ版iPhone 5sについても、MVNOのSIMを挿入するとテザリングのみ不可となるそうで、それならいっそドコモ版iPhone 5sをオークションなどで購入して使うってのもありかもしれません。

もちろんこれは、あくまで日本国内でiPhoneを運用したいって方のみにオススメできる方法で、海外によく行かれる方や、外国で安く使いたい人はSIMロックフリーのiPhone 5sをApple公式から購入した方がいいと思います。


僕の場合は、正直これから先海外に行くのかかなーり微妙なので、ドコモ版iPhone 5sをオークションで落札した方が安く手に入れられるのでお得っぽいです。

ちなみにヤフオクでのドコモ版iPhone 5sの落札相場は下の画像のとおり。

容量16GBの場合

容量32GBの場合

容量64GBの場合



どうやら16GBの落札相場が48,000円前後、32GBが50,000円前半から半ば、64GBが60,000円前後のようです。(新品の場合)

よってApple公式サイトから新品を購入する場合が16GBで71,800円、32GBで81,800円、64GBで91,800円なので、ドコモ版を購入した方がだいたい2万円ちょっと安いですね。


ただし要注意なのが、ヤフオクやいわゆる白ロム屋さん(イオシスとか)などで売られている「新品」、ないし 「新品未使用品」 は、厳密にいえば「中古」です。

そもそもキャリアショップで購入したiPhoneは、店頭で開封、ショップスタッフによる動作確認など電話機能なども使用されているため、正確には新品は存在しないはずなのです。

要するに、ヤフオクや白ロム屋さんのいう新品、ないし新品未使用品というのは、店員さんが開封、動作させているけど、自分(購入者)は使っていないから新品ってことにしていますよってこと。

これについて、電話機というものは顔に直接当てるものですし、気になる人は気になると思いますので、オークションなどで購入するものはこういうものだ、というのをあらかじめ納得したうえで購入するようにしましょう。


僕の場合は、開封という作業をするのが好きというか、それを醍醐味にしている部分もありますのでできればApple公式で購入したいですね。

あとはSIMロックフリー版ならば後々不要になったり、買い替えのときにでもキャリア版に比べ数万円高く買い取ってもらえたりするというのも頭に入れておいた方がいいです。

なのでドコモ版が後々安く買い叩かれる可能性を考えて、あえて今は高い出費となろうともApple公式からSIMフリー版を購入するというのも考え方によっては賢い選択といえると思います。

訂正:記事執筆時一部誤りがありました。ドコモ版にMVNOのSIMを刺してもテザリングのみはできないということですので、iPhoneでテザリングをしたい人は素直に3大キャリアで契約するしかないようです。

ちなみにMVNO契約でテザリングをしたい人は、Nexus 5をオススメします。ノラも購入していますが、MVNO契約でもテザリング可能です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です