Contact Form 7の使い方〜URL入力欄追加とスパム対策も〜

当ブログのお問い合わせフォーム「Contact」は、「Contact Form 7」という日本人の方が作ったプラグインを使って作成しています。
「Contact Form」のダウンロードはこちら

スクリーンショット

当ブログのお問い合わせフォームはこんな感じ。

お問い合わせフォーム設置の際に、「とりあえず動くものを」という感じでサクッと設置しておいただけなので、「WebサイトのURLを入力する欄の追加」と「Akismetと連携させてスパム対策」をしようと思います。
※今エントリーは、Contact Form 7の使い方を1から説明しています。「Contact Form 7」をインストールしていない人はインストールしておきましょう。

スクリーンショット

Contact Form 7のインストール&有効化が終わったら、WordPress管理画面の「コメント」の下に「お問い合わせ」という項目が追加されます。

スクリーンショット

デフォルトで「コンタクトフォーム 1」が用意されていますのでこいつにカーソルを合わせて「編集」をクリック。

スクリーンショット

編集画面のフォーム右側にある「タグを作成」→「URL」の順にクリック。

スクリーンショット

「このコードをコピーして、左のフォーム内にペーストしてください」と書かれたコードをコピー、画像のように左のフォーム欄へ挿入します。
※コードを貼付けるだけではNG。<p>URL<br/>〜といったように入力する必要があります。画像のとおりに入力すればOKです。なお[]内の数字は各自異なります。

スクリーンショット

スクリーンショット

次に「それから、このコードを下のメールの項目中に置いてください」と書かれているコードをコピーし、「メッセージ本文」に画像のように貼付ける。

問い合わせメールのスパム対策には、スパム対策プラグイン「Akismet」を使います。WordPressインストール時にデフォルトでインストール済みのプラグインです。

スクリーンショット

AkismetとContact Form 7を連携させるには、フォーム欄に画像のように入力して下さい。

※メール(2)という項目は、問い合わせを送信した差出人への自動返信メールです。デフォルトでは無効になっていますが、もし使いたいならチェックを入れて設定してみて下さい。(ノラは設定していません)

スクリーンショット

スクリーンショット

最後に上部にある「保存」をクリックし、出来上がったコードをコピー、WordPress画面の「固定ページ」→「新規追加」をクリックし、タイトルを任意に入力、本文中に先ほどコピーしたコードをペーストして「公開」をクリックすればOK。
※ちなみにノラは既に「お問い合わせページ」は作成済みだったので、新規追加ではなく編集をしています。あと日本語の方がわかりやすいので「Contact」から「お問い合わせ」にタイトル変えてみた。

スクリーンショット 2014-05-07 13.49.55

上記終わったらチェックしてみましょう。うん、ちゃんと「URLの入力欄」も追加されているし問題なさそうです。一応念のためにメッセージを送ってチェックしてみるといいかも。

以上、WordPressプラグイン「Contact Form 7」の設定方法および設置方法でした。やっぱりURL入力欄とスパム対策は有った方がいいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です