「Xperia ZL2 SOL25」を実機で確認してきた

au 2014年夏モデルが先日発表されましたね。早速auの直営店(全国で4カ所らしい)に行って実機を撮影&触ってきました。まずはXperia ZL2から紹介。
※au直営店スタッフに撮影の許可をいただいて撮影しております。

Xperia ZL2

まずは外観から。正面ロゴはディスプレイ上部に「SONY」とあります。Xperia Z1のときもそうでしたが、auはどこかと違い自社ロゴを全面に押し出さないのがいいですね。

Xperia ZL2

右側面。電源ボタンは定番のボタンみたいなやつ。変に端末上部によってないので片手でも押しやすく感じました。

Xperia ZL2左側面。充電端子の下に「Xperia Z2 Tablet」にあるようなクレードル用?と思われる接続端子がみえます。スタッフの方に聞いたところ「ちょっとまだわかりません」とのことでした。

Xperia ZL2ホーム画面

次にプリインストールアプリをみていきます。

DSC00646

DSC00647

DSC00648プリインストールのアプリはこんな感じです。けっこう豊富になる感じですね。プリインストールアプリは消せるものばかりではないのがちょっと気になります。

DSC00649てぶくろモード、ちゃんとあります。これ冬場は便利。

DSC00650バッテリー対策として「STAMINAモード」と低バッテリーモードがあります。
STAMINAモードは「ソニーの省電力機能を有効にして消費を抑える」。低バッテリーモードは「電池残量が少ないときに一部昨日を無効にして節電する」というもの。どちらかというとSTAMINAモードを使うことが多そう。

DSC00651

Androidのバージョンは「4.4.2」でした。

触ってみた感想

デザインについて、Zみたいなガラスの方がカッコよかったのに、というようなマイナスなイメージを持たれている人もいます。

ノラも正直最初はそう思いましたが、XL2なら少々雑に使っても大丈夫そうというか、ガラスのときみたいに精神的にハラハラしたりすることはないんじゃないか、そう思うとZL2も悪くないように思う。
カラーバリエーションにパープルが無いのはちと残念ですが、ターコイズカラーは夏らしくて若い人に人気でそうな気もします。年配の方は無難にブラックとかホワイトでしょうか。

カメラ機能については写真撮るの忘れてしまいましたが、Z1譲りでスマホの中ではトップレベルの画質だと感じました。これならデジカメいらないかもしれない。
(※動画には撮影している(はず)なので気になる人はそちらをご覧下さい)

GPS機能についてですが、現在地測定までの時間はほとんど掛からず、この点GALAXY S5よりも優れていると感じました。ただ最初測定した現在地は実際の場所より数百メートルほどずれていました。
もう1度現在地測定してみるとかなり近くなりました。これはまぁたまたまの動作だと思いますが、ちょっと気になった点ですね。ちなみに現在地との誤差は10〜15メートルほどかと思います。

正直Androidは差別化が難しくなっているそうで、ぶっちゃけどの機種でも現行機種ならスムーズに動きますし、デザインとかネームバリュー(メーカー)で選ぶ人が多いんじゃないでしょうか。

そんな中、Xperia ZL2を選ぶ決め手になるのは、「カメラの性能」や「音質」だと感じました。
少なくともスマホで写真を撮る事が多い人、デジカメ代わりにしようと考えてる人には、Xperia ZL2をオススメします。

追記:GPSの即位までの時間や、実際の動作状況が知りたい人は、よければYoutube動画の方をご覧下さい。

追記:書き忘れがありました。WiMAXについてですが、auのスタッフの方曰く「WiMAX2の電波をキャッチできる場合は強制的にWiMAX2、できないときに既存のWiMAXに繋がる。ただし既存のWiMAXの場合制限がないのかについては、まだ決定していない」とのことでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です