SIMフリー iPhone 5s+MVNOでテザリングができない件について対策を考えてみた


ご存知の方も多いかもしれませんが、Apple Storeで販売されているSIMフリー iPhone 5s/5c+MVNOの組み合わせではテザリングができません。

そこでどういった対策があるかノラの考えを紹介しようと思います。

テザリングとは

そもそも「テザリング」ってなに?って人のために説明すると、AndroidやiPhoneなどで使用中のネットワークをゲーム機やPC、タブレットなどと共有し、それらをインターネットへ接続する機能です。これにより、インターネット回線の契約のない機器でもネットができます。

テザリングの魅力

外出先でもPCによる快適インターネット

最近ではLTEやWiMAXに対応しているPCもありますが、まだまだそういった機種は少数派です。
しかしこのテザリング機能を使うことで、外出先でも手軽にPCをネット接続できます。やっぱり仕事で使うならいろいろな作業ができるPCが便利ですし、そういった作業もネット接続が必須だったりしますからね・・・。

コスト削減

一番の魅力はコスト削減だと思います。

最近ではスマホとタブレットの2台持ちや外出先にタブレットを持ち出す人も増えましたが、ネットに接続できないタブレットはただの板だと思います(電子書籍端末として利用できたりするけど)

かといってスマホでパケット定額、タブレットでもパケット定額なんて金持ちじゃなきゃかなり痛い出費です。これで自宅は光を引いて、とかなったら通信費だけで月いくら払うんだよって感じ。

でもスマホのテザリング機能を使えば、タブレットはWi-Fi専用のものを買ってネット接続するときはテザリング。これでスマホ1台分の契約でスマホとタブレット2台ともネットに繋げれる、これだけで月数千円は浮きます。

本題の対策について

冒頭でも述べたように、この便利なテザリングがSIMフリー iPhone 5s/5cとMVNOの格安SIMの組み合わせでは使えません。じゃあどうするのが1番いいのか。

選択肢1. iPhone → Androidにする

最も手っ取り早いのは、SIMフリー iPhoneは買わずにAndroidを購入する方法。たとえばNexus 5ならMVNOでもテザリングが可能ですし、SIMフリーなので海外で現地の格安SIMが使え、かつSIMフリー iPhone 5sよりも約3万円端末価格も安い。

どうしてもiPhoneじゃなきゃ嫌だ、という人でなければ最初からAndroidを買っちゃえばOKです。

選択肢2. SIMフリー iPhone 5s+モバイルWi-Fiルーター

どうしてもiPhoneを使いたい、けどタブレットやPCも使いたいって人はルーターと組み合わせるのもいいかと。

これはノラの個人的な意見ですが、SIMフリー iPhone 5s+MVNOの組み合わせでテザリングも求めている人は、できるだけ安く、かつ広いエリア(FOMAエリア)でネットを使いたいって人だと思ってます。

ぶっちゃけ安くするだけなら、わざわざ高いSIMフリー iPhone5sを買わずに、iPod touch+WiMAXルーターでいい。これでPCもタブレットもゲーム機も、家の固定回線も全て賄えるからコストパフォーマンスは抜群ですから。

そういうわけで、SIMフリー iPhone 5s+MVNOの組み合わせでテザリングを求めている人への妥協案としてLTE対応のモバイルWi-Fiルーターとの2台持ちを提案してみる。

日頃はiPhoneにMVNOのSIMを刺して、PCやタブレットをネットに繋ぎたいときはSIMをルーターに刺し替えるって形。

選択肢3. テザリングアプリを使用

iPhoneを脱獄させてテザリングアプリを使うなり、App Storeで公開されているその手のアプリを使ってテザリングをするという方法もあるようです。

ただし、以前ソフトバンクショップのスタッフから聞いた話によると、iPhoneを脱獄する行為は犯罪にあたるらしく、また公式で公開されるテザリングアプリはしばらくすると削除されるのがデフォになっているそう・・・。万が一パケ死しても自己責任ですし、あまりオススメはできないですね。

あとがき

いじょ、ほとんどMVNOのSIMでテザリングができないことへの妥協案って形ですね。ちなみに上記からどれか選ぶとしたら「1」をオススメします。

ノラだったら後先考えずに「2」を選んで、後で「お金がなーい」って後悔する可能性もありますが、正直お金は大事ですからね・・・よほど好きじゃないとスマホ関連にそこまでのお金は注ぎ込めないと思います。

追記:iPhoneを脱獄する行為が本当に犯罪にあたるのかは、法律の専門家にでも聞かないとわかりません。単にソフトバンクショップのスタッフがそう言っているだけで確たる根拠はないのかもしれません。

ただ「脱獄」という名前からもわかるように、Appleが公式で許可している使い方でないのは確かです。よって壊れてしまう可能性や、ショップなどの下取りができない(ジャンク品として使用不可のレッテルを貼られる)場合もあります。もしこれから脱獄しようなんて思っている人がいたら自己責任ということをお忘れなく。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です