Amazonマーケットプレイスに出品してみた(エラー対策etc)


Amazonのマーケットプレイス。以前から興味はあったのですが、手数料の高さから出品することはありませんでした。

ただ製品(本とか)によってはヤフオクなどよりも高値で売れることもあり、この度新規出店をした次第。ちなみに小口出品で登録しています。

今回はAmazonマーケットプレイスへの出品登録方法と、途中発生した「このツールには技術的な問題が発生しています〜」などのエラー対処法も紹介しようと思います。

Amazonマーケットプレイスとは

Amazonマーケットプレイスは、Amazonから商品を販売する場を提供してもらい、法人や個人が商品の販売を行っています。

(※べつにAmazonが製品の仕入れから販売までを行っているわけではない。)

Amazonマーケットプレイスの種類

Amazonマーケットプレイスの出品形態には「大口出品」と「小口出品」の2種類があります。

「大口出品」は月間登録料として4,900円が掛かりますが、基本成約料(成約商品1点につき100円)は掛かりません。またAmazon.co.jp上にない商品の出品や、時計・食品といった特定のカテゴリー商品の出品も可能です。

逆に「小口出品」は月額料金といった維持費は掛かりません。代わりに基本成約料が毎回請求されたり、Amazon.co.jp上にない商品や時計・食品といった特定カテゴリー製品の出品はできません。
詳しくはこちら

Amazonマーケットプレイスのメリット・デメリット

Amazonマーケットプレイスを利用するメリットとしては、まず維持費0円で誰でも出品できる点があります。(小口出品の場合)
ヤフオクなどでは毎月会員費として数百円取られますが、それがない。更にオークションなどでは落札がなければ再度出品作業が必要ですが、それもありません。維持費が掛からないことから1度出品してしまえば売れるまで放置しててOKなのは楽です。

次に出品手続きが楽な点。Amazonマーケットプレイスでは製品の写真が既にAmazon.co.jp上に登録されているため、「ヤフオク」や「メルカリ」のように写真撮影をする必要がありません。

逆にデメリットは、「手数料が高い」これにつきると思います。物によって手数料は異なりますが、だいたい販売価格の10%から15%の販売手数料をAmazonへ支払います。また特定カテゴリー(書籍やCD、DVD、ビデオVHS)には上記とは別に「カテゴリー成約料(60円〜140円)」が発生します。

さらに小口の場合は基本成約料として製品が売れれば1点あたり100円の請求があります。
手数料について詳しくはこちら

Amazonマーケットプレイスへの登録方法

Amazonマーケットプレイスは法人はもちろん個人でも出品が可能です。今回は個人(小口出品)の登録方法を紹介しようと思います。

1. Amazon.co.jpのトップページ下にある「出品サービス」をクリック

2. 「小口出品オンライン登録へ」をクリックする

3.「出品したい商品を探す」から出品する商品のカテゴリーおよびタイトルを入力し「出品手続きを開始する」をクリックする

4. 検索結果から出品したい商品の横にある「マーケットプレイスに出品する」をクリックする

5. ここで出品する商品のコンディション、価格、国外配送の有無などを設定します。

6. メールアドレスを入力し、「初めて利用します」にチェックを入れてサインイン
※既にAmazonを利用していてアカウントを持っている人も新しくアカウントの作成をして下さい。理由については後述。
なお、既にAmazon購入用アカウント作成に利用しているアドレスは使えないもよう。

7. 正式名称の入力、ならびに規約の同意をします。ここでの正式名称が出品者プロフィールとして一般公開されることはありません。必ず本名を入力すること。

後は戸惑うことなく登録まで進めると思います。なお「クレジットカード」と「電話番号」が必須です。

出品登録中にエラーになった場合の対処法

ノラは出品途中に2種類のエラーに遭遇しました。そのエラー内容と対処法についても紹介しておきます。

1. 出品途中で英語のエラー表示がでる場合

最初に遭遇したのがこのエラー。上記手順7. から先へ進んだら表示されました。

対策としては「あらたにアカウントを作成する」こと。本来は日頃Amazonで買い物するのに使っているアカウントでサインインし出品登録できるそうですが、なぜかノラは上記のエラーが出て進めませんでした。

こういった事情もあり、手順6. ではあらたにアカウントを作成するように紹介しました。「初めて利用します」でサインインすれば上記のエラーは表示されません。

2. 「このツールには技術的な問題が発生しています〜」というエラーが表示される場合

次に遭遇したのが「このツールには技術的な問題が発生しています。現在この問題の解決に取り組んでいます。後ほどやり直して下さい」というエラーメッセージ。
上記登録手順7. から進んだらページ上部に表示されました。

ちなみにAmazon.co.jpへ問い合わせたところ、「実際は技術的な問題は一切発生しておらず、お客様固有の問題だと思われる」とのことでした。

対策としては、まずAmazon側の推奨環境である「Windows OS」のPCで登録することと、推奨ブラウザである「Firefox」を利用することです。

上記で再度チャレンジしても同じエラーが表示された場合は、先ほど述べたように登録手順6. で「初めて利用します」にチェックを入れて新規アカウントを作成して下さい。

ノラの場合は、残念ながらWindows OS+Firefoxブラウザの利用でも同じエラーが発生しましたが、上記の方法で無事登録完了まで進めました。

ちなみに「このツールには技術的な問題が発生しています。現在この問題の解決に取り組んでいます。後ほどやり直して下さい」というエラーメッセージはノラだけの固有の問題でなく、他にも同じエラーが発生した人がいるようです(Yahoo知恵袋に質問している人がいました)

また不思議なことに、無事出品登録を終えて再度「Mac OS」+「Chrome」で新規出品登録をしようとしたら前述のエラーは発生しませんでした。
よってAmazon側の「技術的な問題は一切発生していない」という回答をされた方が把握できなかっただけで、実際はエラーが発生していたという可能性もあります。

しかし前述した知恵袋の投稿は5月29日にされており、そう考えるとやはりAmazon側の言い分が正しそうです。ただ単に再度チャレンジしたときは「たまたま」MacやChromeでエラー表示がされなかっただけかもしれません。

あとがき

てなわけでAmazonマーケットプレイスへ無事新規出品しました。何度かエラーに悩まされてこちらにある「新規登録のお問い合わせ」から問い合わせてもみましたが、実際はこちらから問い合わせても下のメッセージが自動返信されるだけで質問に対する回答は無し。

これって「新規登録のお問い合わせ」なのに「出品登録しないと回答しない」ってのは意味がないんじゃないでしょうか。だから、出品登録中にエラーが表示されるのに、どうやって登録後に問い合わせろってんだよ!って突っ込みたくなりました(苦笑)

そんな理不尽なメールをもらった人はこちら(0120-999-373)へ電話しましょう。自動音声のガイダンスが流れたら「5」をダイヤルして下さい。マーケットプレイスへの出品に関する問い合わせ窓口となってます。
てか電話での問い合わせ先があったのね。だったら初めからここにその旨記載してくれればいいのに・・・。

まぁともあれ無事に出品できたんでOKです。とりあえず本を1冊出品してみたのですが、その日の夜には注文がありました。この早さもAmazonという巨大市場で出品している恩恵でしょうね^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. LC より:

    今回も「このツールには技術的な問題が発生しています」のエラーが発生しました。 いろんなの方法(新規アカウント・Firefoxなど)がやってみましたが問題が解決されませんでした。

    最後の解決方法は、本来に売れたいものではなく、他の一般的なもの(私の場合は「USB」を検索して、一番目を選択しました)を「仮出品」しました。他のものの出品手続きを進めして、出品者アカウントを無事に登録ました。後で仮出品したものを削除するのも自分のものを出品するのも問題ありませんね。

    • ノラ より:

      情報提供ありがとうございます。

      どうやらいろいろなパターンが存在するようです。実は友人もノラと同じ日に登録したのですが、友人はChromeで問題無く一発OKでした…。

      結局のところ、何故「技術的な問題」というエラーが発生するのかAmazonカスタマーサービスも把握していないため、何か遭ったらとりあえず電話で問い合わせするのが1番のようです^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です