「Parallels Access」がAndroidに対応!神アプリの予感


先日リモートデスクトップアプリ「Parallels Access」がAndroidに正式対応しましたので試しに使ってみました。

結果、神だなと思いました。これ良くね?つい若者言葉(若者だけど)になるくらい感動。というかChrome Remote Desktopを使った後だと、Parallels Accessの素晴らしさをより実感するという・・・ね。

Parallels Accessとは

Parallels Accessが何か知らない人へ。Parallels AccessはMac用Windows仮想化ソフトで有名なPrallels Desktop for Macを開発しているパラレルスが開発した製品です。

従来はiPad専用だったそうなのですが、つい先日(3日くらい前?)からiPhoneとAndroid端末にも対応、これらでMacやWindowsをリモートで動作させることが可能です。

つまり外出先でiPhoneとかAndroidでPCゲーム(ギャルゲとかギャルゲとかギャルg)が出来るというわけ。

費用

Parallels Accessは通常1年間2,000円(記載がないけどおそらく税込)、2年プランが3,500円となっています。
※執筆時、2年プランは20%オフの3,000円になっています。

米国での価格が1年プラン20ドル、2年プラン35ドルなので、昨今の円安(1ドル=103円前後)で考えると若干為替レートより安く設定されています。

また、別途2週間の無料トライアルも用意されています。なお、Parallels Desktop for Macのユーザーは無料で6か月使えるもよう。
※公式サイトをみても特に記載がないためノラの現状による推測に基づく

ノラはParallels DesktopおよびAccessをインストールした日が3月10日だったが、アカウント情報はちょうど半年後の9月9日まで利用できると表示されてました。

Parallels Accessの導入方法

公式サイトへアクセスし、アカウントを持っていない人はアカウント作成から行って下さい。非常に簡単な作業しか必要としませんので逐一の説明は省略しますm(_ _)m

既にParallels Desktop for Macを使っている人はアカウントを作成しているはずなので、Parallels AccessをPCおよびiOSもしくはAndroidへインストールすれば直ぐ使えます。

Parallels Access 2.0.0
カテゴリ: ビジネス
Google Playで詳細を見る

Androidで実際にParallels Accessの動作を確認

実際にAndroid(ASUS MeMo Pad HD 7 2013年モデル)でチェックしてます。

AndroidでParallels Accessを起動した画面。なんか使い方ガイド的な英語の動画が流れます。

実際にMacをAndroidに表示したところ

表示させるアプリは右上のアイコンから「アプリケーション一覧の編集」を選択、任意のアプリを表示させることが可能

画像はMac上のParallels Desktopで仮想化したWindowsを起動、Windows専用のPCゲームをAndroidでリモートプレイしているところ

MacのiTunesにある音楽をリモート視聴することも可能。音声に遅延は一切ありませんでした。

問題点

ノラ的には問題はありません。先日紹介した「Chrome Remote Desktop」と違い、音声はきちんと流れますし、遅延もごく稀に1秒前後の遅延が発生する場合があるようですが、そういう場合はルーター(ノラはWiMAXルーターによるWi-Fi接続環境下でテストしてます)の近くに行けばOKですし、ぶっちゃけ気にならないレベルなので問題ない。

ちなみに今回利用したMeMo Pad HD 7 2013はお世辞にもスペックは宜しくない。CPUはコスト優先のMediaTek MTK8125 1.2GHzクアッドコア、メモリは1GBしか積んでません。

それでも遅延によるストレスもなく音声もきちんと流れるので、クアルコムのSnapdragon S4 Pro以上(それこそ800とか801とか)を搭載、メモリが2GBないし3GBの製品だと問題はないと思われます。

しいて挙げるならば、本来ピンチイン / ピンチアウトによる画面の拡大・縮小ができるようですが、それが何故かできなかった点。アプリのせいか端末のスペックとかの問題か・・・。

あと上記のゲームだと微妙にMeMo Pad HD 7のディスプレイに収まっておらず、下に合わせると上の部分が微妙に見切れる。

こんな感じです。ただゲームによっては問題なく表示されるようで・・・

これなんかだと見切れたりせずに表示されました。(画像下の黒い部分は、Androidのホームボタンや戻るボタンが表示される部分です)というか見切れたというゲームでもプレイには全く問題無かったんですが、まぁ細かいことを気にすると・・・って感じです。

感想

いやー、神アプリだと思います。確かに無料トライアル期間が終われば月170円ほど掛かりますが、そんなもん微々たるもんです。

Chrome Remote Desktopのような音声が流れない致命的な問題もなく、去年紹介したMicrosoft Remote Desktopのように面倒な設定はないし、Windows専用ではなくMacも動かせる。iTunesでの音楽再生から各種MacアプリやWindowsアプリ、ゲームソフトがプレイでき、Flash動画も問題なし。

これは素晴らしいと思います。月170円の費用でここまで出来るんですね・・・ちょこっとお菓子を我慢すれば捻出できる額ですし、それでこの快適な環境が手に入るならお得でしょう。

Chrome Remote Desktopで音声が再生されなかった人や、Microsoft Remote Desktopのように英語で表示が嫌、設定面倒と思っていた人、Macも動かしたいという人にはかなりオススメです。

前述したように2週間の無料トライアルがありますので、興味が有る人は試してみてはいかがでしょうか^^

リンク:Parallels Access

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です