フリマアプリ「メルカリ」で注意すべき事


先日メルカリにて携帯電話を購入しようとしたところ、疑問点があり運営に問い合わせを行うことになりました。

というのも、スマートフォンやモバイルルーターには「ネットワーク利用制限」と呼ばれる仕組みが導入されています。これは “機種代金を滞納・未払い時に、その機種を使用できなくする” というもの。

たまにですが、機種代金を未納(料金踏み倒し)を行った挙げ句、その機種をオークションやフリマで転売するという、まぁ犯罪だと思いますが、そういった行為をされる人がいます。

こういった人から機種を購入してしまうと、せっかく買ったのに携帯キャリアによる利用制限が掛けられてしまい、利用できない=お金の無駄になってしまいます。

こういった事態を避けるため、ヤフオクなどでは必ず端末の製造番号(IMEI)を記載するよう定めていたり、中古屋さんでも必ず製造番号によるネットワーク利用制限(機種代金の残債がないか)チェックをしてから買取を行っています。
ちなみに残債のある機種はサイトによっては販売禁止としていたり、ジャンク品扱いとして格安で買いたたかれる場合も多い。

僕がこういったモバイル機器を購入する場合は必ずネットワーク利用制限のチェックをするようにしているのですが、メルカリでは本当かどうか、出品者が “ネットワーク利用制限” を理解していない人ばかりなのです。

よって、「機種代金は支払い済み、残債はありません」という出品者の言葉を信用しろって話なのですが、まぁ個人間の取引だと平気で嘘をつく人も残念ながら非常に多いのも事実。馬鹿正直に信用はできません。

ただですね、メルカリでは残債のある携帯電話は出品禁止物として規約に明記されており、ということは “もし仮に購入した商品に残債があった場合はメルカリで預かり金を全額返金してくれるはず” だと思ったのです。

だってこの場合、非があるのは100%出品者なわけで、またメルカリでは支払い金は直接振込ではなく間にメルカリを通すから安心だと宣伝しています。だったら出品者が説明詐称および規約違反をしている場合は購入者の保護をしてくれるはずだと…。

残念ながら結果から言いますと “詐称した相手と話し合って解決して” です。

お問い合わせありがとうございます。
メルカリ事務局です。この度は、貴重なご意見をいただきありがとうございます。

現在、メルカリでは、商品について、虚偽の記載や問題のある商品であった場合、当事者間での解決をしていただくようお願いしております。

皆様のご意見を参考に、より良いサービスとなるよう改善していまいります。
お問い合わせの内容については、今後のサービスや運営の参考にさせていただきます。

今後ともメルカリをよろしくお願いいたします。

メルカリ事務局


上記がメルカリへ問い合わせを行った回答になりますが、気になるのはこの部分。

現在、メルカリでは、商品について、虚偽の記載や問題のある商品であった場合、当事者間での解決をしていただくようお願いしております。

要するに虚偽の商品説明を信用し、実はその出品者が詐称や規約違反を行っていた場合もメルカリは一切手助けせず、返金についても当事者間で話し合って相手を納得させないと返金してもらえないということのようです。

…うーん、安全のためと変な所は融通が効かないのに、いざ犯罪(ですよね?)に巻き込まれても僕たちはノータッチだよ、なんとか頑張って!ってスタンスは唖然とします…。

ちなみにヤフオクなんかでもこんな感じらしいのですが、せめて自分たちのサービスを「安全」だと大々的に宣伝しているのであれば、このように100%どちらに非があるかはっきりしている場合の対応はきっちり行ってもらいたいものです。

まぁ要するに、商品の健全性を証明できない出品者から買う場合はお金を無駄にすることを覚悟の上、自己責任で行うしかないようです。



スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です