今更知ったメルカリの注意点 2. 商品画像について


前回に続いてフリーマーケットアプリ「メルカリ」にて注意すべきことをお伝えしましたが、今回も引き続きメルカリにて注意すべき点をご紹介します。

ずばり、“商品写真について” です。

メルカリを利用している人は心当たりがあると思いますが、出品者の中にはカタログ写真(実際に手元にある商品を撮影したものではなく、メーカー・製造元・仕入れ先などが用意している写真)のみを載せている出品者がたくさんいます。

メルカリには “実際に手元にある商品画像を掲載せず出品する” ことは禁止行為とされています。上記はこの禁止行為に抵触しないのでしょうか?

というわけで、メルカリ運営にはお手数掛けてしまい申し訳ないのですが、気になってしまったので問い合わせをしてみました。

結果は “禁止行為にあたる” でした。

メルカリからの回答を引用しますと、「お問い合わせいただいた出品方法は現在禁止行為となっている」、「同様の出品をされている出品者は見つけ次第、対応させていただく」とのこと。

皆がやっている=問題ないという認識でいると、知らぬ間に禁止行為をしてしまい運営からペナルティを受けてしまうかもしれません。
※メルカリでは禁止行為により商品削除などを複数受けると利用制限、場合によっては強制退会処分を下されるようです。

せっかく楽しく利用しているのだから強制退会とかはマジかんぺんですよね…。皆がやっているから、ではなく、もう一度自分で利用規約をしっかり読み、分からない点は運営元へ問い合わせをしましょう。2,3日もあれば回答していただけるので^^

追伸:そういえば先日、ヤフオクで送料別の相場が7,000円前後の商品をメルカリで送料込み4,800円で購入しました。このように場合によっては相場よりもけっこう安く買えます。メルカリ、けっこうオススメです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です