音声回線付きMVNOで最も安いのは?表で比較してみた


契約中のドコモ回線が今月2年縛りの更新月のため解約するか検討中なのですが、いっそMVNOの音声付きデータSIMを試してみようかとも考え中…。

というわけで、MVNOの音声付きプランを比較してみました。
(※価格はすべて税抜価格です)

サービス名U-mobile 通話プラスみおふぉんスマホ電話SIM フリーDATA+Talk S2プラン
キャリアU-mobileIIJmiob-mobileSo-net
月額費用1,580円1,900円
※9月30日まで1,600円
1,560円1,890円
最低利用期間6か月12か月5か月12か月
解約金6,000円12,960円〜1,080円
(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,080円
8,000円5,000円
通信速度下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
上下最大200kbps
(※例外あり)
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
使用可能データ量1GB/月
超過した場合は速度制限
1GB/月
超過した場合は速度制限
高速通信無し
常に速度制限
1.5GB/月
超過した場合は速度制限
通信総量制限時の速度上下最大128kbps上下最大200kbps上下最大200kbps上下最大300kbps

てか「みおふぉん」高いっすねー…縛りも1年間と長いですし。ただMVNOの満足度ではIIJmioが1番高い気がします。評判というかね^^
他のキャリアと比べると、9月までのキャンペーン価格を永久に適用してもいいんじゃないかと思えます。

比較してみたところ、最低利用期間が1番短いのは「b-mobile」ですが、解約金や月額費用との兼ね合いからいうと「U-mobile」が1番無難でしょうか。

ただ「U-mobile」は制限時の速度が最大128kbpsと1番厳しく、さらに解約時のSIMカード返却をしていない場合 “SIMカード損害金” と称して2,000円(税別)の請求をされます。

ノラの記憶が正しければ「IIJmio」はこのような請求はされません。ちなみにMVNOで1番人気だといわれる「OCNモバイルONE」についてもこのような請求はありませんでした。

もちろんSIMカードはあくまでレンタル品なので返却する義務はあるのですが、基本 “普通郵便(郵便事故補償なし)” で返却OKとされているので、そもそもきちんと発送したのに日本郵便による郵便物紛失が起きた場合も “返却しなかった” とされてSIMカード損害金を請求されたらたまらないですよね。ここら辺どうなるか契約前に確かめておくべきでしょう。

いじょ、MVNOの音声付き格安プランの比較でした。

ドコモやソフトバンクといった大手キャリアに比べ、“最低利用期間が短く”、“自動更新ではない” 点は非常に魅力的に思えます。

大手キャリアですと “2年間最低利用してね”、“解約金が掛からないのは2年ごとに訪れる更新月の1か月間だけだよ”、“更新月過ぎたから自動更新するね、また2年間は使ってね” という状況ですから…よくよく考えるとこれって阿漕な商売ですよね。

大手キャリアも“最低利用期間” という縛りに変更し、たとえば2年使ったらその後はいつ解約しても解約金は請求しないよって形に変更すべきだと思います。というか2年縛れば元(機種代金の割引分など)は十分取れるわけで、さらに自動更新で2年縛るのに正当な理由はないそうですし(苦笑)

聡い人(というか情報に聡い人)はいずれ大手キャリアでは契約しなくなるんじゃないでしょうか^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です