次期iPhone 6(仮) は4.7インチで決まり?買うとしたらどっちかな


おハローございます。目が冴えてしまっているので、皆気になる次期iPhone “iPhone 6(仮)” についてお話します。

iTmediaさんの記事にて、次期iPhoneと目される “モック” と、SPIGEN(シュピゲン)が先日より予約販売している “iPhone 6(仮) ケース タフ・アーマー” の紹介がされていました。

画像はITmedia Mobileより引用

SPIGENは人気のスマートフォンアクセサリーメーカーで、新型のiPhoneが発表される少し前にフライングでケースを販売を行うことが通例となっていることでも有名です。
※どうでもいいですが、今まで “シュピジン” と読んでおりました…。正しくは “シュピゲン” だそうです。

巷では次期iPhoneは “4.7インチモデル” と “5.5インチモデル” のツーラインナップになるという予測が飛び交っていますが、少なくとも現行4インチから4.7インチにサイズアップすることは決定事項と思ってよさそうです。

他にも、5.5インチモデルはサファイアガラスを採用した “高級モデル” で、発売は2015年にずれ込むという憶測も飛び交っております。

仮にツーラインナップになるとしたら、iPhone 5sと5cの関係のように、5.5インチモデルは4,7インチモデルのプラス1万円くらいの価格設定になるとノラは予想しております。


“4.7インチ” と “5.5インチ”…買うならどっち?

ノラとしましては、“4.7インチモデルを購入、5.5インチモデルが発売と同時に4.7インチモデルから買い替え” と考えております。

もったいないオバケが出そうですが、やはり噂どおり5.5インチモデルが2015年発売だとすると待てません。

というのも、以前軽く触れましたが、iPhoneアクセサリーを販売しているノラとしては、新型iPhoneはなるべく早く手に入れておく必要があります。特にノンブランドの中国製アクセサリーなどは作りが大雑把なことがあり、販売前に実際にiPhoneに装着して確かめる必要があるからです。

かといって、本当にノラが欲しいのは “5.5インチモデル” なのです。理由としましては、ファブレット=スマホとタブレットの魅力を併せ持つと考えており、5.5インチモデルを買えばiPadは持たなくてもいいようになる…かもしれないと期待しているから。
仮にiPadを持たなくてもいいなって思えたら、今後毎年買い替えていたiPad購入費約2万円(旧モデルを売却して新型を購入するので、大体2万円くらいが手出しになります)を浮かせることができる。浮いたお金で何かiPhoneケースを買ってもいいし、はたまたZenFone 5のような安価なAndroidスマホを買い足すのもアリです。

てなわけで、ノラは上記のように4.7インチモデル購入 → 5.5インチモデルに買い替えってな感じを理想としておりますが、まぁ4.7インチもけっこう大きいので買い替えない可能性もあります。

ちなみに購入するのはSIMフリー版と決めております。iPhone 5S,5cから国内のAppleストアで正規取扱が開始されましたし、おそらく次期iPhoneについてもSIMフリー版の販売は確実だと思います。

巷(特に某キャリア社長など)ではSIMフリー版は売れていない、実質0円で買えるiPhoneに7万円以上払う人は少ないと言われていますが、キャリア版なんて2年縛りで合計約20万円前後は掛かるわけで、維持費考えたら圧倒的にSIMフリー版が安いです。
そもそもAppleストアは個人ではなく法人の(それも複数購入)をメインターゲットに定めているという話ですし、個人ユーザーによる売上げを狙っているわけではなさそうなので無問題なのでしょう。

というわけで次期iPhone 6(仮) を非常に楽しみにしているわけですが、皆様はどちらのモデルを購入する予定でしょうか。いや、もちろん購入しないという方もいらっしゃるでしょうが^^;

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です