SIMフリーiPhone 6開封の儀!アクティベーション専用SIMは使えるのか!?


おハローございます。

えー、まずは謝らせて下さい。申し訳ありませんでしたorz

いや、本当は昨日のうちにブログに書くつもりだったのですが、ターニャのあまりの可愛さにブログ書く時間がありませんでした←。

というわけで、遅くなりましたがiPhone 6の開封の儀、および巷で売られている怪しげなアクティベーション専用SIMを使ってiPhone 6の初期設定が出来るのか試してみました。

コチラが化粧箱となります。今回より以前まではあったiPhoneの写真が消えており、最初 “なにこれ印字ミス!?” ってあせってしまった。

化粧箱のサイドに印字された “iPhone” の文字の色でiPhone 6の何色を購入したか分かります。画像を観ると金色の印字となってますね…ハイ、結局ゴールド16GBモデルを購入することになりました。
※何故あんなに言っててゴールドにしたかは後ほど。

ハイ、どーん。この時点で “でかッ” ってなります。

内容物はいつものとおり。…と思いきや、“Hello” が無い!地味にショックです。

次に外観チェックをば。今回よりよーく見ると、液晶が上下左右ラウンドしており、これのせいで保護フィルムを貼ると大きめの隙間が出来て、中には “不良品だ!” と騒がれてクレーム処理でヒィヒィ言ってるフィルムメーカー様もいるそうな…。iPhone 6の仕様上仕方ないのにね、ほんと困っちゃうわ。(某メーカー様談)

左サイドにあれ、ロックのON/OFFとか消音切り替えのスイッチ、あとボリュームキーがあります。

で、右サイドに電源キーが移動しております。あとSIMトレイもこっちにある。実はこのSIMトレイ中までゴールドになってます(ゴールドカラーのiPhoneなんで)

端末上部には何もありません。以前はここに電源ボタンがありましたよね。

端末下部。実はイヤホンジャックをiPhone 4s以前のように端末上部にして欲しい派なノラ。だってイヤホンジャックアクセサリーとかで猫とかぶら下げたらめちゃ可愛いやないですか。

背面はコチラ。実はブログ書いてる途中に背面の写真撮るの忘れていたことに気付きました。慌てて撮影…金色が眩しいです。
上下のライン(白い線)については人それぞれのようですが、ノラはダサいと思います。4sの頃のように一面ガラスに戻して欲しい。多少重くなってもいいので。

外観はこんな感じでしょうか。次にさっそくアクティベーション(初期設定)といきます。本来アクティベーションをするために必ずSIMカードが必要(契約切れのモノでも可)なのですが、ノラは失くしてしまったので、せっかくだから巷で噂の怪しげな “アクティベーション専用SIM” なるものを使ってみました。価格はヤフオクで送料込み250円也。

実物がコチラ。超簡易梱包で、パッケージなんて物はありません。てか今時ミニSIMアダプタ(通常サイズ)とか使う端末は珍しいので、どうせならmicro SIMアダプタの方が需要があっていい気が…。

ではさっそく挿入したいと思います。

挿入してみると、暫くして “圏外” になりました。まぁ別に携帯会社のSIMではないので当たり前の挙動ですね。

今回ノラはiTunesから復元をしました。

MacBook Proに繋いで…暫く待ちます。

iOS 8.0.2にする?って聞かれますが、致命的なバグのあったiOS 8.0.1や、引き続き問題のある8.0.2には当分する気にはなれません…。

てなわけで、問題らしい問題もなくスムーズにセットアップ終了。無事 “アクティベーション専用SIM” は使えたというわけです。価格も安いので携帯キャリアの空SIMを買うよりいいのではないでしょうか。

iPhone 5cは次期iPhoneのためだと早めに手放しておいたので、iPod touch 第5世代と比較してみます。ちなみにiPhone 5sとiPod touch 第5世代はディスプレイサイズや解像度も同じらしいので、iPhone 5sからiPhone 6がどれくらい変わったのかチェックできます。

一番驚いたサイズ。大きい方がいいからiPhone 6 Plus買うよって人がいましたが、4.7インチのiPhone 6でも十分デカいんですけど…。

表示したところ。1個分表示領域が増えていました。
※ちなみにiPhone 6では表示を “拡大” か “標準” で選べたので、ノラは “標準” にしています。

どうですかね?ノラ的には必要十分な大きさだと思います。これiPhone 6 Plusの方だとカメラ機能とか片手撮影は落としそうになって無理だと思う。iPhone 6の方でギリな感じがします。

さてさて、保護フィルムですが、今回から液晶がラウンドしているためいろいろ悩み、とりあえずパワーサポートのクリアタイプをAmazonで予約しました。

POWER SUPPORT AFPクリスタルフィルムセット for iPhone6(4.7inch) PYC-01 POWER SUPPORT AFPクリスタルフィルムセット for iPhone6(4.7inch) PYC-01

パワーサポート 2014-10-03
売り上げランキング : 132

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

パワーサポートはAppleが公式サイトで販売している唯一のフィルムメーカー。そんなわけで悩んだらパワーサポートに走っています。

ただ指滑りを重視するとやっぱりガラスフィルムの方がいいので、多少不格好でもガラスフィルムを購入しようかなー、なんて悩んでいるところです。

ケースについては、とりあえずデザインを損ねないバンパータイプを購入。なんと205円でした。安い!とりあえずサイズを比較してみましたが、大丈夫そう…かな?

うん、ピッタリ!ボタン位置なども問題無しです。これで205円かー、日本で買ったら800円はするのに…やっぱ中国安いわ。

ただ難点は、バンパー買ったときはシルバーのiPhone 6を購入する予定だったので、ちょっとゴールドだと合わない?かも…。


いじょ、iPhone 6の開封についてでした。

ゴールドを選んだ理由ですが、今後も新しいiPhoneに買い替える際の費用が嵩むだろうことを考慮し、男女に人気で買取価格の高くなる傾向のゴールドを、後のお金優先に選択しました…。好みの問題で言えばシルバーが欲しかったんですけどね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です