フリマアプリ『メルカリ』アップデートでブラックリスト機能追加


おハローございます。

フリマアプリ『メルカリ』のiOS版が本日11月4日アップデートにより、ついにブロック機能(ヤフオクでいうブラックリスト)が追加されました!


これにより、以前問題を起こした人(過去直接トラブった方以外にも、以前別の方とトラブルを起こしている信用できそうにない方など)からの購入・コメント・いいね!ができないようブロックすることが可能となります。


今まで、メルカリでは購入手続きをクリックした方と強制的に取引をするよう事務局が定めていました。つまり、以前別の方とトラブルを起こし、たとえば暴言吐きまくり・自分勝手なマイルールを押し付ける・自己中心的な言動をしていたなど、いわゆる信用のできない方相手でも購入手続きを勝手に押されたら強制的に取引せざるを得ませんでした。

これは購入者は出品者を選べる(誰から購入するか選択できる)けど、出品者は購入者を選べない(購入手続きをされたら強制的に取引をさせられるため)という不公平なシステムだと言えます。

逆を言えば、トラブルメーカーな購入者でも自由に購入することができるため、一体何のための評価なの?って疑問がありました。こういうところもメルカリが購入者有利なシステムだとノラが考えている理由でした。


今回のアップデートでようやっとこの不公平感から解放され、購入者だけでなく出品者も取引相手を選ぶことができるようになりました。

とはいえ、事前にブロックしていれば大丈夫でしょうが、いきなり購入手続きをされたら後は強制的に取引に応じなさいというのがメルカリの考えなので、問題ある購入者を全てブロックできるわけでは無いようです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です