ヤフオクのシステム利用料改定(値上げ)


おハローございます。

ヤフオクの落札システム利用料が変更(値上げ)するそうです。日頃からお知らせ欄はチェックしていなかったため、ふとヤフオクのトップページをみて “うぇっ!?” ってなりました。


落札システム利用料の改定

2月16日(月)午前0時以降に落札された出品物より、落札価格999円以下の出品物に対し “一律54円” を最低利用料として設定するとのこと。

ちなみに、変更前は落札価格の5.4%(税込)でした。

(例)落札価格100円の場合
・今までは、100円×5.4%=5円のシステム利用料(小数点以下切り捨て)

・2月16日からは、54円のシステム利用料(=落札価格の54%)

例外として従来どおり5.4%となる場合

送料無料(出品者負担)で出品された商品

送料を出品者側で負担する場合は、今までどおり落札価格の5.4%(税込)でOKだそう。

これについて、ヤフオクは「お客様満足度を高める支払総額が明確な商品を後押しするべく、送料を出品者で負担する場合は従来どおりの落札システム利用料とする」とのことです。

確かに落札者側の視点として送料込みの価格が分かりやすいに越したことない。たまに送料についての記載を読まずに価格だけをみて落札、トラブルに発展しているユーザーがいるのも事実。

これについて厳密に言えば「商品説明を読むことは購入者の義務」なわけで、商品説明欄を見ていなかった、は落札者側の落ち度です。ただ梱包手数料として実際の送料よりも大幅に高い送料を求める出品者は数多く存在し、常識的におかしくないか?という声は多く上がっていました。

ノラが見かけた中で一番酷いと思ったのは、「配送業者の営業所への持ち込み手数料」と称し、2,000円の支払い+定形外送料として1,980円=3,980円の支払いを求めていたもの。これはさすがに社会通念上不適切だと思いました。

上記のような出品者が減ることで、落札者の方々は合計支払い金額を聞いて「うぇっ!?」となることは無くなるでしょう。

「本、雑誌」「コミック、アニメグッズ」カテゴリーに出品され落札された商品

「本、雑誌」「コミック、アニメグッズ」カテゴリのオークションは999円以下になることが大半のため、出品者の過剰な負担を避けるべく従来どおり落札価格の5.4%(税込)を落札システム利用料とするそうです。

落札システム利用料の算出方法の変更

落札システム利用料改定に伴い、利用料算出方法も変更となります。

・現在
対象期間中に落札されたすべてのオークションの落札金額総額を元に算出

・変更後
落札されたオークションごとに算出し、すべての落札システム利用料を合算

「ご利用にあたっての注意」の改定

ご利用にあたっての注意(※いわゆる利用規約)において、原則送料を実費以内にする旨を明記するなどの改定を予定しているそう。

これも上記で触れましたが、手数料などと称し社会通念上不適切であろうと思われる金銭の請求、実際の送料を大幅に上回る(例:実際の送料400円のところ1,980円を請求など)金額を送料として支払いを求める出品者への対策でしょう。

今回の改定について

今回の改定について、ノラとしては概ね賛成です。ただ懸念も残るというのが本音でしょうか。

たとえば、落札システム利用料の改定ですが、100円で落札されると落札価格の54%の手数料をYahoo!に請求されることになります。これを踏まえて、少額でスタートする出品物が減るんじゃないか?という懸念があります。

もう1つ、送料を実費以内とするよう「ご利用にあたっての注意」に明記するとのことですが、つまり出品者は前もって厳密に送料を測定する必要があります。

もちろん出品者として商品の大きさ・重さを測定しておくのが義務であり、そのために測量計などを購入しておくべきだとノラは思っています。
(※事実ノラはヤフオク初出品前に測量計などを購入しました)

しかし、出品者の中にはアナクロな計りを使っている方もまだ大勢いらっしゃいますし、実際に郵便局窓口などで計ると重さが違った、なんてこともあるそうです。そういった方は「送料に過不足があっても返金・追加で請求はしません」と記載してあります。

今後は上記のような出品は出来なくなると考えられるため、現在上記のような出品をしている方は要注意です。

また、全国一律◯◯円という出品も出来なくなると思われます。出品者の中には宅急便の送料を一律800円などとしている方がおり、実際は1200円くらい掛かるのに安く郵便事故保障付きで送ってもらえてラッキー♪なんてことが出来なくなります。これは非常に残念。

上記のように今回の改定は、「場合によっては落札者にとっても有り難迷惑な改定にもなり得る」ということです。

まぁほとんどの場合では、落札者にとって有難い改定だと言えると思いますが…。皆さんはどう思われますか?

リンク:お知らせ(ヤフオク)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. みっちん より:

    送料無料にしたら従来通りの5.4%の手数料と言いますが
    複数落札して同梱をお願いしたら送料の値引きはしてくれるのだろうか? 送料を上乗せして出品したら送料分にまで手数料がかかることになるのではないでしょうか? 
    例えば 100円スタート送料無料設定にして 商品説明欄に「梱包手数料として500円いただきます。」としたらどうなるのでしょうね。 かえって不明瞭な取引になると思うのですが。
     これでは改定は何の意味も持たない気がします。
    胴元のヤフオクが999円以下でも手数料で儲けたいという意思表示にしか見えません。

    送料や手数料の表示は商品説明欄ではなく「送料、商品の受け取りについて」のところで入力必須にすれば良いことで後は
    入札者の判断にまかせるのがいいと思います。 楽オクのように「配送・支払情報」欄に明示する方法もあると思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です