新家電ブランド「UPQ」の50インチ4Kディスプレイが爆安


カシオで商品企画を担当していた中澤優子代表が新たに立ち上げたUPQ(アップキュー)

製品カラーはブルー・バイ・グリーンという家電には珍しいカラーで、初音ミクを彷彿とさせる色合いです。

所謂デザイン家電と呼ばれるものですが、UPQの一番の魅力は価格。なかでも50インチ4Kディスプレイ「Q-display 4K50」はわずか7万5000円(税別、メーカー希望小売価格)という破格の安さ。

Q-display4K

最近4Kテレビが売れてきていますが、どのメーカーも云十万とします。でもさ、そもそもBDレコーダーとかnasne(ナスネ)といったテレビチューナー搭載機器を既に持っている方が多いですよね?

ここに注目して、テレビチュナーを省く代わりに圧倒的な安さを実現しているわけです。

他にも国内最安SIMフリースマホ「UPQ Phone A01」や、アクションカム「Q-camera ACX1」など魅力的な製品が目白押し。

製品はDMMのオンラインストアで販売(予約受付)されており、ふらーっと覗いてみたのですが…あれ?

DMM販売ページ

UPQホームページ


メーカー小売価格が税抜き7万5000円だったので税込8万1000円、もしくは幾分安い(※実勢価格は基本的にメーカー希望小売価格よりも安くなる)と思ったのですが…メーカー希望小売価格より高いじゃん!

UPQホームページ

DMM販売ページ

他製品もメーカー希望小売価格より若干高く設定されてました。まぁ送料分ということかな?とは思うのですが、まだ発表されたばかりのブランドで取扱もDMM独占?みたいなので、通常起こりうる実勢価格<メーカー希望小売価格になっていないのでしょう。

とはいえ、それでも十分魅力的な製品揃い。特にご家族で住まわれている方は居間用に「Q-display 4K50」とか良さそうです。

リンク:UPQ(アップキュー)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です