XpansysでNexus 6がGoogleストアより2万円安く買えるセール実施中

XpansysでGoogle「Nexus 6 32GBモデル」が特別価格(送料無料)になるセールを実施中とメールが届きました。

価格はブラック、ホワイト両モデルとも5万2815円(税別、送料無料)

Xpansysで購入した製品は消費税を支払う必要があるため、実際に支払う総額は、52,815+52,815×0.6×0.08=5万5350円となります。

ノラはXpansysでヤマト発送はしたことないのでFedex配送を選んだ場合で計算していますが、まず個人利用の場合はインボイス価格に6掛け(60%)し、その金額の8%が消費税になります。

ちなみに門司税関相談員の話によると、通関手続きをする担当者によって、1個の商品でも個人使用目的と認めず6掛けしない場合もあれば、複数個でも6掛けする担当者もいて、ぶっちゃけ担当者のその時の考え次第とのこと。

上記の話を聞いた際、ノラは「税金として行政が徴収するものに確たる基準がなく、担当者によって同じものでも税金が数千円変わりますってのは意味が分からない」と感じました。

「いやいや、税金ですよね?なんで同じものでも担当者によって納税額が変わるんですか」って突っ込んだら、「6掛けして欲しかったら配送業者さんにそう要望してみたら?」と。解答になってないよ…。

というわけで、ノラの経験の話ですが、まずFedexで注文した後Xpansysから出荷案内(荷物のトラッキングナンバー)を受け取ったら、Fedexに電話します。(※日本語使えます)

そして、「個人使用目的の荷物だから6掛けして欲しい」ということと、「消費税は前もってクレジットカードで支払うから立て替え不要」と伝えて下さい。

本来消費税は一旦Fedexが通関手続きの際に立て替えて、後日請求書が届いて支払いますが、そうすると立て替え手数料として500円がFedexに掛かります(※今は手数料変わってるかも)

しかし、クレジットカードで支払い・立て替え不要を連絡しておけば、通関手続きの際にFedexから電話連絡があり、消費税がいくらだったか、クレジットカード情報を教えてと言われます。電話で伝えればカード決済され、手数料は請求されません。

注意しなければいけないのは、1度ありましたが通関担当スタッフが誤って立て替えてしまう場合があること。この場合は前もって上記の希望をコールセンターにしていたと伝えれば、手数料はFedexが持ってくれました。

また、Fedexの場合は支払う消費税額が1万円を超えた場合は立て替え不可で、通関の際に電話連絡がありクレジットカードか口座振込で前払いするように言われました。

というわけで、注文する方は上記をやって確実に安く手に入れて下さい。(※計算ミスがあったらいけないのでご自分で計算してみて下さいね)

Nexus 6は日本のGoogleストアだと7万5000円以上しますし、Xpansysの販売モデルはLTE対応周波数が1/3/5/7/8/9/19/20/28/41とあるので、ドコモのプラチナバンドにも対応しているはず。気になる方は用検討です。

リンク:Xpansys(セール)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です