iPad mini 4を今買おうとしている人は待った!


おハローございます。

人生で4度目?の交通事故に遭い、ファインプレーで奇跡的にも大けがをせずに済んだ(それでも全身打撲)ノラです。

やっと体調も回復したと思ったら、世間では待望のメモリ2GBを搭載したiPad mini「iPad mini 4」が発売されておりました。

ちょうど友だちから相談を受けていろいろ調べてみたのですが、結論から言うと今iPad mini 4を購入するのはオススメしません

iPad mini 4

iPad mini 4 スペースグレイ


理由は1つ。iPad Air 2とのスペック比較差から考えて、コスパが悪いから。


arstechnicaが公開した上記ベンチマーク結果によると、iPad Air 2はiPad mini 4の約50%処理速度が高速。

その分iPad Air 2の方が定価は高いのですが、iPad Air 2は発売から暫く経過しているため、実勢価格は下がってきています。

ちなみに、iPad Air 2を買うなら価格.comの最安値よりもApple公式サイトの整備済品を購入した方が安い。(2015年10月現在)

整備済品は初期不良等で返品されたものを、外装やバッテリーを新品にしてAppleが再販しているもので、メーカー保証も新品と同じ1年間付いてきます。



実際にiPad mini 4とiPad Air 2の64GBモデルの実勢価格を比較すると、iPad mini 4の価格.com最安値は5万6800円(ゴールドモデルは5万6932円)(2015年10月4日時点)


対して、iPad Air 2の整備済品価格は5万9184円(ともに税込価格)

iPad mini 4に、たった2,300円ほどを追加負担するだけで、約50%性能の高いiPad Air 2が買えるんです。どうです?それでもmini 4を買いますか?


もちろん7.9インチの小さいiPadが欲しいんだという人もいるでしょう。

ただ、iPad Air 2は9.7インチサイズのタブレットにしてはかなり軽くて薄い。画面サイズの高さ=生産性の高さとも言えるタブレットにおいて、2300円のためにあえて小さくスペックも低いiPad mini 4を選ぶ利点はなかなか見つけられないものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です