LINE Payカードが遂に改悪!2%還元終了のお知らせ

カード利用100円につき2ポイントが付与され、老若男女に大人気だったLINE Payカードが遂に改悪される運びとなりました。

このたび、さらなる簡単・便利なキャッシュレス・ウォレットレスサービスを目指し、ご利用特典を変更いたします。それにともない、2018年5月31日(木)をもって、ご利用金額の2%分(100円につき2ポイント)のLINEポイントが貯まるLINE Pay カード限定の利用特典は終了することになりました。

参照元:LINE公式ブログ

LINE Payカードは事前にチャージした金額内でJCB加盟店でクレジットカード支払いができる、いわゆるプリペイドカードに相当するわけですが、クレジットカードにおいてダントツのポイント還元率を誇り、また審査不要も相まって未成年や無職の方にも重宝されていました。

また、ポイントは1ポイントからLINE Payカード残高にチャージすることができ、クレジットカードのポイントよりも手軽に利用できる点も人気でした。

※ブログによっては1,000ポイントから残高にチャージできる、と紹介してありますが、正しくは1ポイントからチャージできます。

ノラも毎月30万円ほど利用しており、月6,000円相当のキャッシュバックを受けてきました。これが無くなるのはショックで仕方ない・・・。

ただ当初から2%還元は無謀、どうせ期間限定のキャンペーン扱いですぐに改悪するだろうと言われていたので「ああ、やっぱりね」という感じでしょうか。

2018年6月1日(金)からは、コード支払いをメインにLINE Payのサービスのご利用全体(LINE Pay カード含む)を対象にした利用特典プログラムに変更となります。LINE Payサービスのご利用度合いによって最大2%のLINEポイントが還元されます。

LINE公式ブログによると、利用度合いによっては最大2%還元はあるようですが、“コード支払いをメインに“とあることから、2%還元を受けることは難しいと思われます。

というのも、このコード支払いは使えるお店が圧倒的に少ないです。全国チェーンだとローソンくらい?(他にもあったと思いますが)

そもそもお得に買い物したいから2%還元が有難いわけで、わざわざ価格の高いコンビニ等で買い物するくらいならスーパーでカード使うよって話でしょう。

LINEとしてはコード支払いを優遇し、コード支払いを利用して欲しいという思惑ですが、それならまず利用できるお店を増やすことが先決です。現状は使えないと言えるほど使える店がないコード支払い。6月までには今より利用できるようになっていることを期待したい。

詳しい変更内容は近日中に発表するとのことですが、他カードへ乗り換えをする方が大多数と思われます。

※ちなみに今ならLINE Payコード支払いで15%キャッシュバック(※残高へチャージ)のキャンペーンが実施中です。詳しくはこちら

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です